「佐久の季節便り」、「カタクリ(片栗)」の花が咲きそろい…。

冷え込みがゆるみ、薄日が差しています。

アメダス、最低気温は5.8度(5:37)と、プラスの気温です。

しかし、「北部には雨が降り、冷たい風が吹いて、夜には寒くなる…」という予報です。

庭先のカタクリ(片栗)」の花が、昨日あたりから、ようやく咲きそろいました。

7本の発芽中、2枚葉の5本に花が咲き、好成績でした。

代表的な「スプリングエフェメラ」にしては、ずいぶんと遅れ馳せですが…。

f:id:yatsugatake:20190418163742j:plain

「ひろば・賢治ガーデン」より一ヶ月以上遅く、立科町・津金寺よりも10日以上遅い開花です。

南側にある「サツキ(皐月)」の株によって、日陰になっているのかも…。

「サツキ(皐月)」の花が終わったら、整枝してやりましょう。

1個の花に近寄って観ると、ユリ科の花・6枚花弁が反り返っていることが分かります。

f:id:yatsugatake:20190418163841j:plain

中央に突き出ている雌しべの柱頭、周りの雄しべ・葯(花粉)…。

受粉がうまくいって、結実・種子ができることを期待しています。

今年、最初の花が開花した様子を、振り返ってみましょう。

f:id:yatsugatake:20190415085413j:plain

さらに、開花前・蕾が膨らんだ状態です。

f:id:yatsugatake:20190412094339j:plain

タツタソウ(竜田草)」の開花、西日を受けて、見事な青紫色が魅力です。

f:id:yatsugatake:20190416153042j:plain

今日も、雨は無し…、火の元も心配ですが、農作物にとっては死活問題です。

信毎・夕刊のコラム・「あすの天気」では、連日の扱いです。

4.18: 下伊那郡豊丘村河野の竹林で、(中略)〜タケノコの成長には気温上昇と豊富な水分が必要だが、今月上旬の冷え込みで例年と比べて遅れ気味。今朝の晴れ渡る空に「この陽気に雨が降ってくれれば」

4.19:あすは二十四節気の「穀雨」。雨が春の恵みとなり、穀物の生育が進む。安曇野市では大麦や小麦の畑で追肥作業が進んでおり、「肥料を土に行き渡らせる雨がほしい」と、(中略)ただ、通勤途中で見た桜並木の見事さを思い出し、「花見の時だけやんでくれれば最高です」

夕方、畑の作物の水やりに出かけました。

大小2個の如露を使い、用水のU字溝から水を汲んで、下仁田ネギ、ジャガイモ種芋、ニンニク(大蒜)などに、水をやりました。

夕方6時、西空には雲う透かしてお日さまが覗いています。

帰宅して空を見上げても、お月さまは隠れてしまいました。

残念、月は東に日は西に…」は、お預けです。

今夜は満月(月齢13.8)(望=20:12)、平成最後の満月です。

「夜が更ければ、雲が切れて眺められるかも…」気象予報士の言葉です。

北海道・新千歳空港からの満月が、テレビ中継・放映されました。

f:id:yatsugatake:20190419193635j:plain

 今夜に観られなかったら、明日の朝、西空に「逆さ満月」を観ることにしましょう。

アメダス、最高気温は21.2度(13:41)でした。

今夜、「霜」と「乾燥」の注意報が出ました。