「佐久の季節便り」、秋風に、夏の花々も震え…。

予報通り、急に寒くなりました。

気象予報士は、「いわし雲と、月が見えています…」と、空模様を報じました。

昨夜遅くに出た「二十日」のお月さまを観ようと外に出ましたが、残念!佐久の空には、雲が多くて、観られませんでした。

賢治童話・「楢ノ木大学士の野宿」にも、夜遅くに登場します。

「二十日の月は東にかかり…」

賢治作品・「烏の北斗七星」などにも登場し、お気に入りのお月さまです。

アメダス、最低気温は14.5度(4:01)、日中は、貴重な晴れ間になる予報です。

昨夜の雨は0.5ミリ!(19時)でした。

秋晴れに、野山には秋の七草」・「雄花」、つまり、ススキ(芒)が…。

f:id:yatsugatake:20190914162049j:plain

花壇を彩ってきた、「夏の花々」も行く夏を惜しんでいるかのようです。

お気に入りの「ジニア」で、じっくり育った大器晩成型の花ですね。

f:id:yatsugatake:20190826130149j:plain

これは、ペチュニア、地味だけれど雰囲気のある花です。

昔は、「きあさがお(木朝顔)」なんて、呼んでいたっけ…。

f:id:yatsugatake:20190826130108j:plain

夏に、NHK趣味の園芸」で、夏に強い花として、紹介されました。

f:id:yatsugatake:20190825084036j:plain

来年の夏、東京オリンピックパラリンピックで訪れる皆さんを、花でおもてなしをしようというわけ…。

身近な街なかでも取り入れたい、「花のおもてなし」ですね。

というわけで、「岩村田城址」に残る「ヤブラン(藪蘭)」、庭先から補充用の株を掘り上げました。

ボランティアの活動日・24日に定植する予定です。

アメダス、最高気温は21.9度(14:54)、肌寒い、爽やかな日和でした。