「佐久の季節便り」、「ルナリア」」咲いて、「月は東に日は西に…」。

朝から強風が吹き荒れています。

浅間連峰の山裾に、雲が帯状に…、空はスッキリ晴れています。

アメダス、最低気温は6.1度(3:29)、心配した降霜はセーフでした。

「ルナリア・合田草」の花が、一斉に咲き始めました。 

f:id:yatsugatake:20200507110437j:plain

「ルナリア」の名は、「ルナ」、古代ローマの月の女神に由来します。 

今日は、旧暦の四月十五日・望/19:45の満月です。

また、「ルナリア」は、「菜の花」と同じアブラナ科に属す、二年草です。

「菜の花」と「月」といえば、「菜の花や月は東に日は西に…」(蕪村)という句を思い出します。

『古語辞典』によると、(見渡す限り一面に)菜の花が咲いている。夕月が白く東の空に昇り、太陽は西の空に沈もうとしている。〜中国の詩人陶淵明の「白日は西河に淪み素月は東嶺の出づ」に基づく

今夜の「満月」も期待されます。

板塀にカロライナジャスミンが絡み、今年は珍しく開花しました。

f:id:yatsugatake:20200507110509j:plain

来年も咲かせたいが、どうすればいいか…、剪定の仕方が課題です。

テレビで、ゴミ収集所への車が大渋滞…

理由は、「ステイホーム」で大掃除…、皆さん、考えることは同じなんですね。

 

「あすの暦」で、月齢、日の入と月の出時刻を調べてみました。

月齢:14.0(正午)

日の入り時刻:18:41(長野) 月の出時刻:18:28(長野)

時刻を見比べる限り、月と日(太陽)が12分間、同時に空に見えることになります。

しかし、山があり建物があるために、理屈通りには行きません。

一日前の、十四日の月の方が、同時に見える条件がいいことになりますね。

残念ながら、昨日は空に雲が多く、月の出が観られませんでした。

 

今夕、日の入り前・西空の様子です。(18:23)

f:id:yatsugatake:20200507182352j:plain

月の出・東の空の様子です、(19:04)

アパートの建物があって、満月は、アパートの屋根に昇りました。

f:id:yatsugatake:20200507190403j:plain

蕪村の句の世界を、実際に目にすることは、なかなか難しい…。

これが、今日の結論です。

 

佐久地方に、「遅霜」と「乾燥」注意報が出ました。

一度外した、霜除けの藁ですが、改めて掛けてきました。

アメダス、最高気温は16:8度(14:34)でした。

明日の予想気温は0度…、やはり、遅霜が心配です。