「佐久の季節便り」、「植栽ボランティア」チームの活動ぶりを、視察していただく。

夜通し絶え間なく、「コロコロリー コロコロリー‥」

「草むらに集く虫の音‥」という表現がぴったりです。

今朝は空が曇って、昨朝よりはいくらか涼しい感じがします。

アメダス、最低気温は20.9度(3:52)、晴れたら、また気温が上がる予報です。

 

「ひろば」の植栽ボランティアチームは、6年前の2014・平26年に「におい・かおり環境協会賞」を受賞しました。

今日は、環境省から、6年後の活動の様子を視察に訪れてくださいました。

「賢治ガーデン」もその後、樹木も生長したり、新たな植栽が加わったりして、随分様子が変わっています。

ガーデンの入り口には、有名な「俯く賢治の像」の案内板

「どなたもどうかお入りください。消してご遠慮はありません」

そう、「注文の多い料理店」の叙述がか書かれています。

「賢治の好んだバラ」・「グルス・アン・テプリッツ」も2株‥、入縁を誘います。

一番変わったことは、樹木による木陰ができたことでした。

「炎天下と違って、ずいぶん涼しい‥。」と、嬉しい言葉が聞かれました。

「におい・かおり」といえば、「賢治ゆかり・石鳥谷のやまなし」です。

「やまなし」は、径2.5センチほどに、生長しています。

f:id:yatsugatake:20200818122045j:plain

「アサギマダラ喋」を呼ぶ、「フジバカマ(藤袴)」も観ていただきました。

水不足で、茶色に枯れた葉を手にとって、「香り}を確かめ話題にしてくださいました。さすが、目の付け所が違いますね。

f:id:yatsugatake:20200818121918j:plain在来種の「マツムシソウ松虫草)」「ツリガネニンジン・ととき」なども、観ていただき、在来種を後世に伝えることもコンセプトであることを、お話しました。

病床の賢治が詩に詠んだ、外から聞こえる「タケニグサ」の発する音‥。

f:id:yatsugatake:20200818121805j:plain

「ヤマナラシ(山鳴らし)」、「サンショウ(山椒)」などを例に、植物は観て楽しむだけでなく、五感を働かせて観察してほしいと、お話しました。

午後は、ぐんぐん気温が上がりました。

昨日よりは。いくらか低そうです。

アメダス、最高気温は32,9度(14:37)、33.7度(15:34) 、真夏日でした。

新聞に、浜松が猛暑になった訳をフェーン現象、図入りで説明していました。

f:id:yatsugatake:20200818140538j:plain

なるほど、長野県南信濃村、連日のの猛暑も、この現象で説明できそうです。