「佐久の季節便り」、「五月晴れ(さつきばれ)」に、雷鳴だけ…。

目覚めたら、3時のラジオ深夜便、「細川たかし」の歌を、「こころ残り」から終わりまで聞いてしまいました。

特に矢切の渡しは、2年ほど前に訪れた、歌の舞台・風景を思い出しながら聴きました。

朝、起きると、「浅間山」は、やはり雲にすっぽり覆われています。

昨夜遅くの雨は、0.5ミリ(22時)、0.5(23)、日付が替わって0.5ミリ(1)

昨日来のトータル雨量は8.5ミリ、まとまった量になりました。

アメダス、最低気温は14.6度(5:25)、午後は、五日続きの雷雨の予報が…。

長野県には、「雷(かみなり)五日」の言い伝えがあるとか…。

気象予報士が、クイズ問題として、問いかけました。

 

もう一つ、「梅雨(つゆ)」にまつわる諺(ことわざ)」が…。

立葵(たちあおい)は、梅雨入りに合わせて、咲き始める…」

だから「梅雨葵(つゆあおい」」の名で、親しまれるとか…。

裏道わきの花壇で、律儀にも下から咲き始めています。

f:id:yatsugatake:20210617143127j:plain

午前中、「運転免許証」を受け取りに、臼田警察署へ出かけました。

帰途は、日頃にあまり通らない道を選びました。

「鍛冶屋」「佐太夫町」「滑津」の集落を通り、たまにはいいなと思いました。

 

午後には、久しぶりに「ひろば・賢治ガーデン」へ…。

来園者は、炎天下で、さほど多くありません。

でも、「ご年配の団体さん」が、付添の方に手を引きながら「賢治ガーデン」へ…。

木陰があり、丸太椅子が喜ばれました。

サトイモ科の「菖蒲(しょうぶ)」には、「尚武(しょうぶ)」と、芭蕉の句・「あやめ草」の説明板取り付け…、グッドタイミングでした。

あやめ草 足にむすばん 草鞋の緖」

木陰には、白花・二重咲き「螢袋(ほたるふくろ)」が涼しげです。

f:id:yatsugatake:20210617150237j:plain

鈴なりの「鬼胡桃(おにぐるみ」の実、熟し始めた「ラズべリー」の実…、。

楽しんでいただき、ありがたいことでした。

f:id:yatsugatake:20210614170417j:plain

夕方、浅間山」が黒雲に覆われて、雷鳴がとどろきました。

でも、こちらには一粒も降らず、通り過ぎてしまいました。

f:id:yatsugatake:20210617155914j:plain

降らないので、西の空き地の刈払い除草…。

混み合った枝葉を処理して、日当たり・風通しを良くしてやらないと…。

アメダス、最高気温は25.7度(15:47)、佐久市アメダスには、0.5ミリ(11時)がカウントされていました。

ワクチン接種による肩の筋肉痛、ほぼ治りました。