「佐久の季節便り」、午前中に「33ミリの大雨」、午後は、庭木の剪定にとりかかりました。

予報通り、早朝からの大雨…。

就寝中、激しい雨音に、何度か目が覚めるほどでした。

朝、北の窓から見ると、雨が降り続き、裏の空き地・グランドには水溜りができています。

アメダス、最低気温は15.4度(1;21)、期待される予測は、「雨は午前中には上がり、午後には晴れ間が…」

予測どおり、9時過ぎには、空が明るくなってきました。

雨雲レーダーを見ると、佐久市辺りには、雨雲がぽっかり抜けています。

雨雲が、関東方面に移動したかことが分かります。

f:id:yatsugatake:20210909093201j:plain

雨量を調べてみると、3時から9時までのトータル雨量は、30.3ミリの大雨でした。

時間雨量9.5ミリ(4時)は、激しい降りだったことが分かります。

目覚めたのは、その時間帯だったことはたしかです。

NHK長野局のテレビニュース画面に、佐久市JT小海線岩村田駅、8時の様子が放映されました。

朝の通学時間帯の大雨、高校生たちの様子です。

近くに、岩村田l高校、佐久長聖高校、佐久平総合技術高校と3校があり、岩村田駅を利用する高校生の人数が、大変に多いことからの放映でした。

また、佐久市役所周辺の道路には、冠水が見られました。

 

さて、雨上がりの仕事は、収穫した「じゃが芋」の片付けです。

軽トラから、「ビニール袋」を下ろし、とりあえず、ビニールハウスの地面にあけました。

表面が乾いたところで、大小などを選別して、保管・貯蔵する段取りです。

作業終了には、1週間はかかるでしょう。

収穫した芋には、「問題のある芋」があり、適切な処理が必要です。

次の写真を観て、問題点を探してください。

f:id:yatsugatake:20210909093325j:plain

答えは、右側の2個は、掘り上げ時の傷です。

中側の2個は、お分かりですね、地面から出ていたので、日が当たり緑色になってしまいました。

この部分は有毒ですから、切リ落として調理します。

左側の2個は、穴が見えますね。

黒く、腐り始めたものと、ネズミの齧り痕です。

大き過ぎると、スーパーなどでは、商品価値がありません。

調理しづらいので、妻にも喜ばれません。

重さを測ってみると、407グラムもありました。

生卵1個が50グラム、じゃが芋1個は100グラムほどがちょうどいいんでしょうか。

f:id:yatsugatake:20210909114114j:plain

雨が上がると一気に強い日差し、気温が上がり始めました。

待ちに待った外仕事日和、「柿の木」、「十月桜」の整枝・剪定作業を進めました。

また、明日の「ひろば・賢治ガーデン」の作業に備え、「栃の木」、「馬酔木(あせび)」、「鬼胡桃(おにぐるみ)」の名札板を、文字が読めるようにしました。

 

期待の「八月三日月」は、残念!!黒い雲が広がってしまいました。

アメダス、最高気温は28.4度(15:15)でした。

明日は、久しぶりに晴れる予報です。