「佐久の季節便り」、寝床でガッツポーズ、6時前…、午後に、賢治ゆかりの「ケール」に藁囲い…。

目覚めたのは4時少し前、サッカー・スペイン戦が頭にあったのでしょう。

ラジオを点けてキックオフを待ち、しばらく聞いてから、新聞を取りに出ました。

辺りは霧、空はどんより曇っています。

寝床に戻らず、録画中のテレビが気になって、たったまま絵、実況放送に目をやりました。

何ということでしょう…、スペインにゴールを決められた、開始後11分の瞬間でした。

その後も日本は押され気味…、テレビを止めて寝床に戻りました。

寝床のラジオも止めて、そのまま「不貞寝(ふてね)」に入りました。

どくらいの時間がたったでしょう、勝負が気になって目覚め、ラジオを点けました。

すでに後半の25分…、アナウンスは、2対1で日本が逆転、勝っている」…。

後半、開始後っすぐ、立て続けに2ゴールを決めたようです。

信じられない気持ちで、ラジオにかじりつきました。

一進一退…、刻々と時間が経過します。

ドイツ対コスタリカも、点のの取り合いで気がかり…。

そして、アディッショナルタイムは何と7分…。

時間が経つのが、長いこと長いこと…。

ゲーム終了、勝利が決まった時は、寝床で思わずガッツポーズ…。

恥ずかしながら、高齢者が握り拳を築き上げていました。

ドイツ戦に続く、強豪スペインに、信じられない逆転勝利です。

 

午後は、久しぶりに「ひろば・賢治ガーデン」へ…。

「賢治ゆかりのやまなし」が10個ほど、寒風に耐えています

銀河鉄道の夜」に登場する「紫いろのケール」に藁囲い土寄せをしました。

寒さに耐えて、春を迎えてほしいのです。

その後、テレビは朝から晩まで、勝利の放送を流しています。

「勝利を引き寄せた1ミリ」は、正に奇跡…、ずっと語り続けられることでしょう。

テレビで、そのシーンが何度も放映されました。

夜、「九日の月」が東の空高く昇り、近くには木星が寄り添っていました。

夜、「録画再生」は妻の呼びかけで始めました。

感動が蘇りました。

「日本、ブラボー」、日本中が、勝利の喜びに沸きました。

アメダス、最高気温は6.0度(12:30)、

明日の朝、冷え込み厳しい予報です。