「佐久の季節便り」、「葉牡丹(ハボタン)」が、薹立ちの気配…。

新聞配達のバイク、軽快な音が5時前に聞こえました。

新聞を取りに出ると、辺りは、しっとりとした空気です。

5時15分、ラジオ・「マイあさ便り」は、滋賀県長浜からです。

例年は雪の多い琵琶湖の北部も、雪の少ない冬とのこと…。

今観られる、「野鳥・3大スター」について、興味深いお話でした。

 

アメダス、最低気温は、氷点下0.7度(4:10)、お天気は西から下り坂の予報です。

次々に低気圧が現れ、太平洋岸を東に進む、いわゆる「南岸低気圧です。

春に多いお天気のパターンで、内陸地方に大雪・「春のドカ雪を降らせたりする、厄介ものです。

早くも「蕗の薹」が採れたという話の聞かれる中、「葉牡丹」に薹立ちの気配が観られます。

f:id:yatsugatake:20200124083708j:plain

二十四節気大寒、七十二候・次候、「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」

今朝のお天気は、まったくの季節外れということになります。

オナガ(尾長)」が「グェー」と鳴いて、飛び去りました。

 

佐久市立図書館から、予約本の電話連絡があり、出かけました。

宮沢賢治の地学教室』は『…地学実習』との姉妹版です。

先月の「賢治を読む会」で読んだ「楢ノ木大学士の野宿」に登場した、中生代白亜紀などの地質時代(46億年)についても扱われています。

f:id:yatsugatake:20200126175400j:plain

地質時代といえば、、しばらく前に新聞・テレビで報道されたチバニアンがあります。

f:id:yatsugatake:20200117192329j:plain

1月23日付け読売新聞・社説にも、地球史に刻まれる研究の成果 が載りました。

一部を引用します。

 46億年に及ぶ地球の歴史に、日本の地名が初めて刻まれる。今後の地質学の発展につながることを期待したい。〜国際的な学術組織「国際地質科学連合」が、77万4000〜12万9000年前の地質時代を「チバニアン」と命名するぉとを決めた。千葉県市原市の地層に、この時代の特徴が明確に表れている点が評価された。(中略)

 この時代は、地球のN極とS極が入れ替わる地磁気の逆転現象が最後に起きたのが特徴だった。研究チームは、地層に残る微生物の化石や鉱物の性質を詳しく調べ、逆転現象などを裏付けた。

 市原市の地層は川沿いの切り立った崖で、堆積物の模様を肉眼で見られる。チバニアン命名で、訪れる人も増えるだろう。地質学の面白さを実感できる場として活用することが求められる。

実に愉快なことですね、公開されたなら是非、現地を訪れ見学したいです。

佐久市立図書館で、Saku Life(ライフ) 広報佐久2月号を頂いてきました。

特集は、フレイル(虚弱)ってなんだろう?〜将来、元気でいきいきと暮らすためにできること〜

information 募集 ⚫公園・道路のアダプトシステム活動参加者募集 

 公共施設の「里親」として、▷参加者の活動 清掃や花壇の手入れ、草刈り、剪定、トイレ清掃等

自分に関わりそうな内容として、いくつか目に止まりました。

 

予報どおり、曇りがちのお天気でした。

夕方の「二日月」観望もできませんんでした。

アメダス、最高気温は7.3度(14:13)、明日の天気予報には、午後から雪だるまマークが並びました。

「佐久の季節便り」、「庚子(かのえね)」・新春を祝う。

夜通し、風音が…、お天気が心配でした。

今日は、旧暦の正月朔日(ついたち)「新年、明けましておめでとうございます。」

中国では春節(しゅんせつ)」、新型コロナ肺炎の感染拡大問題で、それどころではないことでしょう。

アメダス、最低気温は氷点下1.2度(7:11)、日中は晴れ間もあるようです。

 

旧暦にとって大切なお正月、佐久<月>の会では、新年・お正月を祝う会をしました。

会場には、今年も群馬県・松井田産の「臘梅(ロウバイ)」が、良い香りを漂わせています。

f:id:yatsugatake:20200125152208j:plain

「素心蝋梅(そしんろうばい)」が正しい種名です。

もしかすると、花が大型なので、改良品種の「満月臘梅」かも知れません。

大きな黄色の花は、「満月」を思わせますね。

昨日、佐久市民交流ひろばの「臘梅(ロウバイ)」は、まだ蕾のまま…。

碓氷峠の向こうの群馬県では、もう満開なんですね。

12時集合で車に相乗り、不動尊清水」・若水汲みです。

f:id:yatsugatake:20200125152724j:plain

口にすると心身爽快、今年一年の活力が得られた気分です。

水辺には、「クレソン」の名でお馴染みのオランダガラシらしい植物が…。

春にまた訪れて、花の様子も調べ、はっきりさせたいです。

戻って、新年を祝う昼食会です。

f:id:yatsugatake:20200125152637j:plain

「フキ(蕗・款冬)」や「ナズナ(薺)」など、季節の山菜、甘酒、それにお雑煮…。

月の写真を見たり、二十四節気・七十二候を話題にしたり…、賑やかに語り合いました。

帰宅して、スタジオほもり合同会社制作『月と季節の暦 2020』の使い初めです。

月暦 正月(睦月)<孟春> の一部です。

f:id:yatsugatake:20200125153145j:plain 朔 新月 月齢 0.2  (朔/6:42) 朔、月齢について、辞書で意味を調べました。

◯ 朔/(6:42):太陽と月の黄経が等しくなる現象、及びその時刻をいう。

◯ 月齢(0.2):朔(さく)(新月)の時を零として数える日数、約二九.五日を周期として、月の満ち欠けを表す。満月はほぼ月齢一五にあたる。

◯ ここで、新聞の「あすの暦」に記載されている、月齢、月の出時刻を調べてみました。

  旧 12月30日 月齢 28.9 (正午)  6:26  月の出

  旧  1月   1日 月齢  0.2(正午)    7:12  月の出

これらを見較べると、朔(さく)の時刻:6:42=月齢0.0の瞬間と言えます。

この考え方は、正しいでしょうか? ちょっと自信がありません。

 

明日は、旧暦一月二日「二日月(ふつかづき)、観られるでしょうか?

1月26日「あすの暦」によると、日の入り時刻17:06 月の入り時刻18:16

日が沈んでから、月が空に沈まずに、どのくらいの時間があるか…、です。

時間差を計算すると、18:16−17:06=1:10   

1時間10分の時間があれば、沈む場所に山や建物が無く、雲がなければ、可能性はあります。

しかし、残念!明日の夕方は曇リの予報…、観望の可能性は0でしょう。 

アメダス、最高気温は、5.0度(13:52)、風が冷たい一日でした。

 

 

   

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「旧暦、十二月・三十日」、「臘梅(ろうばい)」の花は間に合わず…。

今朝は、春のようで、「大寒」には相応しくありません。

アメダス、最低気温が3.7度(6:30)、大寒」なのにプラスの気温です。

意外に思うことは、例年、観られる「臘梅(ロウバイ)」の花は、蕾のままです。

昨日、「市民交流ひろば」植え込み、蕾のままの「臘梅(ロウバイ」です。

f:id:yatsugatake:20200124084708j:plain

例年ならば、開花が観られるはずですが、暮のうちの寒さが弱く、「休眠打破」が遅れたのかも知れません。

開花は、いつになるんでしょうか。

先日16日の読売新聞に、桜開花、ほぼ平年並み 記事の一部を引用します。

〜九州南部は暖冬の影響で、桜の花芽が冬場の寒さに刺激されて生長が促される「休眠打破」が遅れ、平年によりもやや遅くなる見込み。(以下略)

なんとも、植物生理の不思議ですね。

「臘梅(ロウバイ)」、命名の由来に、「臘月(ろうげつ)」に咲き始める花…、という説があり、興味深いです。

では、「臘月’(ろうげつ)」とは…?

陰暦、12月の異称、→臘(ろう)を見よ

広辞苑』に、①冬至の後、第3の戌の日に行う祭。猟の獲物を先祖百神に供える。「臘祭」「臘日」という言葉もあります。

 

鉢花カランコエ・ハッピーベル」が見頃になりました。

新年に相応しく、「ハッピー」の名もお気に入り…。

f:id:yatsugatake:20200124110608j:plain

f:id:yatsugatake:20200124110239j:plain

午後、岩村田小学校・コミュニティースクール推進・運営委員会があり、お土産として持参しました。

授業参観では、子どもたちの元気な学習ぶりが、嬉しく感激しました。

先生たちも工夫した授業で、子どもたちによく考えさせていました。

地域の住民・委員会としては、郊外生活全般について、環境を整えることに尽力することを確認し合いました。

本日付け読売新聞コラム・「学ぶ育む」 小学生読書量が3分の1に

目が釘付けに…、一部を引用します。

〜テレビを見る時間も6割に減っていた。同研究所では、代わりに動画の閲覧やゲームに時間を充てているケースが多いとみている。

この記事にも関連して、オンラインゲームを通じて、子どもの間にトラブルが発生している問題が指摘されました。

学校、家庭、地域が一丸となって対処すべき大問題…と、確認し合いました。

f:id:yatsugatake:20200120223248j:plain

アメダス、最高気温は10.2度(15:20)、10度以上、4月並の陽気でした。

 

「佐久の季節便り」、「大寒」に、季節外れの雨が…。

外の様子が気がかりで目覚め、ラジオを点けたら3時台、石川さゆりの歌声が…。

能登半島、火の国、波止場しぐれ、天城越え、滝の白糸、風の盆恋歌、かっぱ、夫婦善哉 全曲、聴いてしまいました。

途中、外の様子を見ると曇っていて、この時点で、新月前の細いお月さまは諦めました。

7時半近くに目覚めると、雨音がしています。

起き出して階下へ、居間の温度は9度…、寒くはありません。

f:id:yatsugatake:20200123072834j:plain

雨雲レーダーは、西から長野県東部・佐久地方がちょうど降り出したことを示しています。

濃い青色に黄色…、岐阜県北部は、大雨になっていますね。

f:id:yatsugatake:20200123073017j:plain

南岸低気圧」がもたらすこの雨は、予報より早く、それでも雪ではなく、ありがたいことでした。

アメダス、最低気温は、氷点下2.1度3:20)、雨はいつごろ上がるでしょうか。

日中の気温は、西日本は4月並み、関東は厳しい寒さ…。

f:id:yatsugatake:20200123073458j:plain

市立図書館へ、借りた本を返却に、ついでに『現代農業』・バックナンバーなどを借りてきました。

f:id:yatsugatake:20200123134709j:plain

季節外れの、春のようなお天気が、農作業気分にするようですね。

午後は、1月のFm放送日、岩村田城址に残る植物シリーズ

 

(1)林下に自生する「オモト(万年碧)(ゆり科)

お正月飾りにもされる、古くから不老長寿の縁起の良い植物です。

昨年7月、UEVC(上の城環境ヴォランティアクラブ)が整備作業中、偶然に自生の株を見つけました。蕾を着けていて、結実・赤い実が楽しみでしたが、その後は藪の中なので、見つかりませんでした。今、厳寒期にも、赤い実を着けているはずです。

◯「ひろば・賢治ガーデン」に植えた「オモト(万年青)」は、今、赤い実を着けています。 

f:id:yatsugatake:20191226104412j:plain

CD曲「雪」(西六郷少年少女合唱団)

厳寒のこの時期、雨でなく、「雪」が降ってほしいとの願いを込めて…

(2)江戸・明治時代。ブームの火付け役は、徳川家康か…。

家康が、三河から江戸に移るとき、三河の長島長兵衛が3種の「オモト」を献上したところ、家康が大変気に入ったという。これがブームの始まりといわれる。

「おもと」は、変異の出やすい植物で、投機に結びついた狂乱的な流行を生み出しました。江戸と明治にブームがあり、高価な売買の禁止令が2度ほど出されたほどでした。

◯葉の変化(芸)が観賞のポイント

(中略)

f:id:yatsugatake:20200114093811j:plain

我が家には、以前に知人からいただいた「園芸種」の「オモト(万年青)」の鉢植えがあります。品種名は不明ですが、外側にカールする葉、クリーム色の斑入り葉が見えます。これからも、「万年青鉢」に植えて。素人なりに「葉の芸」を楽しんでいきます。

 

アメダス、最高気温は7.4度(16:13)、雨量はトータル3.0ミリ。

内訳は、1.5ミリ(9時)、1.0ミリ(10)、0.5(13)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「おなっとう」作り、「うるち米ご飯」だけで試す…。

1月24日は、旧暦・大晦日(おおつごもり・おおみそか)、翌日に「旧、正月」を迎えます。

お月さまも、細くなって、そろそろ見納めです。

月の出時刻は、4:35長野)、観られるかどうか半信半疑で、出てみました。

バッチリ、想定の場所・南東の空低く「イチイ(一位)」の横に見えました。(5:46)

f:id:yatsugatake:20200122054710j:plain

随分と細い「逆さ三日月」です。'

f:id:yatsugatake:20200122054623j:plain

夜が明けてからは、白い雲に溶け込んで見えなくなりました。

もっともっと細くなった、明日の朝のお月さまは、雲に隠れてしまうことでしょう。

アメダス、最低気温は、氷点下7.0度(7:11)、午前中は貴重な晴れ間、午後は曇る予報です。

 

昨日、上の城区農事組合の新年総会がありました。

議事が済んで、お楽しみは「昼食・情報交換会」です。

f:id:yatsugatake:20200121135854j:plain

自ら体得した、作物作りのノウハウ、伝統野菜・豆類の種子の紹介…。

さらに、自慢の家庭料理・作り方の情報交換…。

話題になった「自慢料理」の一例は、「おなっとう」作りです。

早速、糯米(もちごめ)は使わず、粳米(うるちまい)・ご飯だけ使って、試してみました。

f:id:yatsugatake:20200121161025j:plain

発酵促進のために、リスクをかえりみずに思い切って、60度台の高温で試みました。

大成功!!、ご飯粒、麹の粒はなめらかに、甘みもくどくなく、さっぱりした味に出来でした。

糯米との割合、麹との割合、水分との割合…、いろいろ試し、楽しみたいと思います。

 

予報通り、雲が厚くなり、東から「雨風」が吹いています。

アメダス、最高気温は9.5度(14:29) 、寒中には、異常な高温です。

ポイント予報、明日は「傘マーク」が並んでいます。

 

「佐久の季節便り」、「二十六夜」の細い月に、寄り添う「火星」…。

「二十六日」の月待(つきまち)は、月の出時刻が早朝なのでで大変…。

月の出時刻は、日付けが替わった今朝の3:32(長野)…。

というわけで、アラームは5時少し前にかけて、目覚めました。

外に出てみると晴れて、バッチリ、アパアートに屋根すれすれに出ています。

条件の良い二階のベランダに駆け上がり、写真を撮りました。

すぐ隣に赤い星が…、後で判った「火星」が寄り添っています。(5:00)

f:id:yatsugatake:20200121050025j:plain

ラジオの気象予報士が、火星が、新月に近い細い月に寄り添い、少し離れて、さそり座・アンターレが…」と、解説してくれました。

後でネット検索、2020年1月21日 細い月と火星が大接近 一部を引用します。

1月21日の未明から明け方、南東の低空で細い月(月齢26)と火星が大接近する。(月と火星は、視野3度に収まる)アンタレスも近い。

火星はアンタレスと並んでおり、赤い2つの星のそばに細い月が寄り添うという面白い光景となる。肉眼や双眼鏡で眺めたり、写真に収めたい。

f:id:yatsugatake:20200121055215j:plain

「火星」月」のわずか右に、「アンタレスはこの写真の右下に写っていますが、両方とも、ルーペでやっと見える程度の明るさです。

「大接近」、「寄り添う:…、と言っても、大自然のスケールは桁違いですね。

ベランダから寝床へ、またベランダへ…。

小一時間、早朝の天体ショーを楽しみました。

 

ラジオ・「マイあさ便り」・宮城県気仙沼は、雨降りとか…信じられませんね。

「立ち恵比寿」の報告は、興味深いものでした。

二度寝して目覚めたら、8時を回っていました。

アメダス、最低気温は、氷点下1.1度(1:34)、冬型の気圧配置で、気温は上がらない予報です。

10:25、趣味の園芸」の再放送を視聴しました。

「まちをニワに」、各地の実践報告が、自分たちの活動にも、大いに参考になりました。

柏市の活動・「カシニワ」です。

f:id:yatsugatake:20200121162510j:plain

花と緑でおもてなし 渋谷の「シブハナ」は、「までいライフ」の看板があります。

f:id:yatsugatake:20200121104725j:plain

鉾の実践からも、参考にしていきたいと思います。

アメダス、最高気温は4.2度(13:29)、日照があっても寒い一日でした。

明日の朝は、冷え込む予報です。

「佐久の季節便り」、暖かい「大寒の入り」、冷え込みが緩み…。

6時過ぎに目覚めて、新聞を取りに…。

中空には、早朝に出た(2:27 長野)二十五日のお月さまがかかっています。

薄雲がかかって、やや朧に霞んで見えます。

今日は、早くも二十四節気大寒の入り」…。

寒中・1月下旬と言えば、「寒さの底」になるはずなんですが…。

アメダス、最低気温は、氷点下2.1度(7:08)、「大寒」にしては、意外な気温です。

日記帳で昨年の記録を見ると、20日、氷点下7.7度、19日、氷点下9.6度…。

昨年は氷点下2桁の朝もあり、今年は氷点下2桁の朝が一度もない、「暖冬」です。

標高が高く厳寒の佐久では、「観測記録が始まって以来のことでは?」と、心配になります。

 

『北海道 花暦』1月20日 ハクサイ Brassica rapa var.glabra

f:id:yatsugatake:20200119184827j:plain

寒い時期が、旬(しゅん)なんですね。

JAカレンダーの1月も、やはり、おいしい野菜「ハクサイ」です。

f:id:yatsugatake:20200119184634j:plain

というわけで、我が家の食卓に「白菜(はくさい)」が乗らない日はありません。

今朝も、「蒸し白菜・マヨネーズ・おかか掛け」…。

「今度は、カレンダーのレシピに挑戦!!」と宣言し…、妻を喜ばせました。

 

そろそろ、年賀状整理寒中見舞い状投函の時期です。

f:id:yatsugatake:20200120113754j:plain

お年玉切手シートが6枚当たりました。

本日の「キョウイク」・「キョウヨウ」は、運良く、「郵便局に行く用事」になりました。

63円の通常切手を求め、帰宅して「寒中見舞いハガキ」を印刷しました。

先日、淡雪を被った「ジンチョウゲ沈丁花)」の写真を使いました。

f:id:yatsugatake:20200118083252j:plain

暮に、「年賀欠礼・喪中はがきを頂いた方にも、投函します。

 

今日の新聞には、昨日のスポーツ関係記事が満載です。

陸上・全国都道府県対抗男子駅伝関係から、一部を引用します。

長野 逃げ切りV  台風被害地元へ「希望を」の大見出し

 大会前に5000メートルで13分台の好記録を持つ高校生2人が故障でメンバーを外れた。それでも士気が下がらなかったのは、昨年の台風19号で甚大な被害を受けながら、変わらず支援してくれた地元に対する恩返しの気持ちがあったからだ。

 15位から7人抜きの力走を見せた4区の木村暁仁(佐久長聖高)は「グラウンドが1か月近く使えず、道路を走ることが増えたが、佐久市の人たちは応援してくれた」と振り返る。新記録の区間賞で2人を抜き、首位を奪った6区の吉岡も「台風直後の練習コースに何本も木が倒れていたが、地元の方が優先して重機などで片付けてくれた」と感謝の念を胸に刻んでいた。

 「被害に遭った方々に生きる希望を与えたいと思っていた」と中谷。その願いは、古里に届いたに違いない。

 

アメダス、最高気温は9.2 度(15:33)、午後は曇って寒くなりました。

明日は、冬型の気圧配置になり、日中も寒い予報です。

明朝早く、「二十六夜待」のお月さま(月の出時刻:3:32 長野)を観ることにしよう。