「佐久の季節便り」、「月(つき)」には、「桂男(かつらおとこ)」が住む…。

天気は、また「冬型」に戻るようです。

「濃霧注意報」、「浅間連峰」は「雪の帽子」を被っています。

アメダス、最低気温は氷点下4.4度(8:24)、日中は晴れる予報です。

昨夜の大河ドラマ・「麒麟が来た」、宮中の「月見」のシーンが流れました。

f:id:yatsugatake:20210117204422j:plain

f:id:yatsugatake:20210118134641j:plain

f:id:yatsugatake:20210117204330j:plain

見事な「お月さま」を見上げながら、帝・正親町天皇が、明智光秀に語りかけます。

月に住む「桂男(かつらおとこ)」の運命「月に登った者は、二度と地上に戻れない…」

「そのような人物がいないかどうか…」、暗に、告げているのです。

藤井旭:『月と暮らす』から、「桂男」について、引用します。

f:id:yatsugatake:20210118133458j:plain

〜月の桂の木は高さ五百丈、ざっと1500mはあろうかという大木で、その下には呉剛(ごごう)という仙人くずれの男がすわっているといいます。

 呉剛は、もともとは地上の人間だったのですが、戦術を学んでいるうち過ちを犯し、そのため月中に追いやられ桂の巨木を切る仕事につくことになってしまい、呉剛は永久に斧をふるっていなければならないことになっているのだといわれます。(以下略)

「どんなに偉い地位にあろうと、人間のなすべきことではない…」。

このように、「桂男」の伝説は、人間を戒めているのです。

 

今朝の読売新聞・スポーツ12版 大相撲初場所 

大見出しは 歯がゆい御嶽海 3大関撃破他は全敗

掲載写真 正代を寄り切りで破った御嶽海

f:id:yatsugatake:20210118133728j:plain

やぐら太鼓 一部を引用します

「3大関総なめ」と言えば聞こえはいいが、それ以外は全敗。テレビの殊勲インタビューに呼ばれた御嶽海は「(上位を破っても波に)乗り切れないところが御嶽海らしいなと思います」。そう、ぶっきらぼうに答えた。もどかしさばかりが募る3個目の白星だ。(中略)

 「今場所、『大関3人には絶対勝つ』と思っていたので、それは達成できた」と御嶽海。もちろん、本当の目標はそれではないはず、同世代の大関候補たちに先を越され続け、忸怩(じくじ)たる思いはあると信じたいが。(波多江航)

今日の取り組み、対戦相手・北勝富士に完勝!!

今日の相撲を見て、解説の北の富士さんは、「このように強いのに、もったいない…。」

舞の海さんは、「明日から全勝・二桁もありうる…。」

持てる実力を発揮して、長野県民はもちろん、皆さん方に勇気を与えてほしい…。

 

夕方、明るいうちから「六日」のお月さまが西空高くかかりました。

アメダス、最高気温は5.1度(14:30) 、最大風速は、西南西の風5.5メートル(15:30)、雲の多い、風の強い一日でした。

明日は、また寒くなる予報です。

「佐久の季節便り」、「熟柿(じゅくし)」と「苺(いちご)が、デザートに…。

朝からどんより曇って、辺りは霞んでいます。

太陽も雲を透かして、ぼんやり見えるだけ…。

アメダス、最低気温は氷点下2.8度(6:59) 、午後からは晴れる予報です。

納戸に貯えておいた「熟柿(じゅくし)」は、そろそろ食べ納めにしないと…。

f:id:yatsugatake:20210110135654j:plain

若者には珍しく、孫娘の大好物…、一緒にいただきました。

今、スーパーなどには「苺(いちご)」が並びます。

「白イチゴ」は、高齢者には珍しく、初めて味わった気がします。

甘味は、やや控えめか…、商品価値は、見た目の物珍しさでしょうか…。

f:id:yatsugatake:20210116160745j:plain

10時に用水・向田会(むかいだかい)の呼び出しがあり、夏の草刈り作業・燃料代金を受け取り、会員に配りました。

中2の孫娘が来たので、鬼滅の刃について話題にしました。

漫画の1シーンについて、内容を尋ねると、「カナヲ」と会話している…、すんなり答えてくれました。

f:id:yatsugatake:20201205094827j:plain

信濃毎日新聞にも、評論家や文筆家などの「鬼滅考」上下が載りました。

見出しには、「負け戦」が世相とシンクロ 一貫する「排除より優しさ」

伝統芸に通じつ型と呼吸 共助で立ち向かう先進さ  

〜つらくて残酷な鬼退治です。それでも炭治郎の優しさや、柱たちの信念が小さな光を生みます。そんなささやかな希望の見せ方が、現代人の胸を打つのかもしれません。

〜今、人々が幸せになれる切り札は「他者の排除」ではなく「他者への優しさ」。そんな社会へのまなざしを作品に感じます。炭治郎は迷うことなく鬼を斬る一方で、温かな心を絶対に失わない。利己的な人間も、悲しい過去を持つ鬼も、彼の異常なまでの優しさに触発され、つつみ込まれます。

〜注目したいのは、首を斬られた鬼の悲哀を、炭治郎が受け止めるシーン。能では霊や死者が、僧などの人間に過去や悔恨を語り、成仏へ導かれる描写があります。敵を悪者と決めつけず、何か理由があると考える温かな物語性は、日本古来のものではないでしょうか。

〜そんな悲しい話を想起させる女性キャラクター甘露寺蜜璃(かんろじみつり)は屈強で食欲旺盛なため、剣士になる前、縁談を断られてはみ出し者扱いされていました。しかし、鬼殺隊に拾われたことで自分の居場所を見つけ活躍します。物語上のこととはいえ世の中は進歩しているのかもと思い、うれしくなりました。

いずれ、単行本を読んでみます。

昨日に借りた単行本『鉄道員・ぽっぽや』にある、「ラブ・レター」と「ォリヲン座からの招待状」を読みました。

どちらも、こんな人生模様があるのかと…、認識を新たにしました。

大相撲・初場所の結びの一番は、大関・正代VS小結・御嶽海

今日は、やってくれるかな…、淡い期待が、そのとおりになりました。

あっぱれ、郷土力士・御嶽海!!

引かずに、我慢したのが勝因だ。

「これから勝ち進むだろう…」、昨日、元・舞の海」の見立てが当たりました。

f:id:yatsugatake:20210117190418j:plain

「十二月五日」のお月さまは、西空高く、雲間に見えました。

アメダス、最高気温は2.6度(14:55)、日照がなく底冷えがしました。

「佐久の季節便り」、雨が雪に変わって、降水量は2.5ミリ…。

小雨かと思っていたら、意外にも「強い霜」が降りていました。

そして空一面の曇り空、天気は下り坂です。

アメダス、最低気温は氷点下5.6度(4:27)、午後は、雨か雪降りの予報です。

午前中に、散髪を済ませました。

「ステイルーム」は、読書のチャンス…、You Tube・朗読の視聴もお勧めです。

先日、視聴した、宮沢賢治銀河鉄道の夜」の最後のシーンです。

カンパネルラの水難事故を暗示・表現しているんですね。

f:id:yatsugatake:20210109181626j:plain

戦後まもなく出版された『宮澤賢治集』に、「月報」・冊子がはさまれていました。

高村光太郎草野心平横光利一などの文章などに目を通すと、意外に新鮮な感動があるものです。

f:id:yatsugatake:20201128170342j:plain

近年の、宮沢賢治についての著作、今野勉:『宮沢賢治の真実 修羅を生きた詩人』も興味深いです。

令和2年の4月、文庫本で出版されたということは、出版社・新潮社の期待も大きいことが伺えます。

f:id:yatsugatake:20210115121912j:plain

本文に合わせた、掲載地図を拠り所に、何度か訪れた「現地」を歩き、追体験を試みます。

午後、市立図書にネット予約した鉄道員(ポッポ屋)』を借りてきました。

本文は40ページほどで、すぐに読み切れました。

「映画」よりは、シンプルな筋の内容でした。

娘の家からいただいた「信濃毎日新聞」のバックナンバー…、「鬼滅の刃」大ヒットの理由は?が目に止まりました。

どうも、高齢者は、時代遅れですね。

そもそもどんな物語なの?

 舞台は大正時代。主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、亡き父親の後を継ぎ、炭焼で家族の生活を支える心優しい少年です。しかし炭治郎が仕事に出掛けていたある日、家族は鬼に惨殺され、ただ1人生き残った妹の禰豆子(ねずこ)も鬼になってしまいました。炭治郎は禰豆子を鬼から人間に戻すため、そして人間を喰らう鬼から人間を守るため、厳しい修行を乗り越えて「鬼殺隊(きさつたい)」の一員となります。つまり、「鬼滅の刃」は人と鬼の戦いを描く物語なのです。(中略)

 〜鬼殺隊の中で最強の剣士たちを「柱」と呼び、それは9人いるのですが、列車でその中の1人、炎柱(えんばしら)の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と合流、この「無限列車」を舞台に鬼との死闘を繰り広げます。

 鬼殺隊の面々に命懸けで戦う理由があります。かつては人間だった鬼たちにも、鬼になるまでの重い過去があります。それらが明かされながら物語が進む。それが作品の奥行きや深みにつながっているのでしょう。(以下略)

テレビニュースでも、「無限」の機関車が…。

f:id:yatsugatake:20201219205904j:plain

いわゆる「聖地」を訪れたり、学校給食に鬼滅の刃」に関連した食べ物が出されたり…、ファンの行動力には驚きです。

 

午後は、予報通り小雨が降り、いつの間にか大粒の綿雪に変わりました。

アメダス、最高気温は13.1度(12:02)、降水量は2.5ミリ(16〜18時)でした。

「佐久の季節便り」、季冬の「三日月さま」が、西空高く…。

「濃霧」で、辺りは、ぼんやり霞んでいます。

空一面の薄雲を透かして、わずかに薄日が差すだけ…。

アメダス、最低気温は氷点下5.9度(5:27)、日中は晴れて、気温が上がる予報です。

今日は、旧暦・十二月(季冬)三日、今年最後の「三日月さま」、観望が期待されます。

JAのカレンダー「あすの暦」を切り抜いて、貼り付けました。

f:id:yatsugatake:20210115104547j:plain

「あすの暦」・15日を見ると、日の入り時刻は16:55(長野)、月の入り時刻は18:57(長野)です。

日が沈んでからの時間が、2時間02分もあり、三日月の観望には好条件です。

夕方の天気も良さそうで、朝から期待が膨らみます。

 

日中は暖かくなり、部屋に取り込んだ鉢花に、十分に水やりをしました。

そして、午後は自動車学校で「高齢者講習」を受けました。

教習車・コース運転も無事に終わり、「講習終了証明書」をいただくことができました。

夕方、西空に薄雲が出てちょっと心配…、でも、日が沈んだ頃には晴れてきました。

そして西空高く、「三日月さま」を仰ぐことができました。(17:29)

f:id:yatsugatake:20210115172838j:plain

300ミリ望遠レンズで、引き寄せました。

月齢1.9の細い・若い三日月さまです。

f:id:yatsugatake:20210115172940j:plain

「夕飯には、お豆腐」を…」と、妻に所望し、「湯豆腐」をいただいて、「三日月」さまをお祝いしました。

志賀勝先生の著作・『月的生活』に、「三日月を拝む」があります。

各地に広がる三日月信仰 一部を引用します。

〜最近、長野県南佐久郡の女性からきわめて貴重なお話をうかがいました。その方は「毎月三日月のとき、前月の無事の感謝と新しい月の無事を祈っている」というのです。その作法は、月の出た西方に向かい庭でマツの葉をひとつかみ焚く、というもので、このしきたりがどういう理由で行われてきたかはご当人は知らないが、おじいさんから伝えられたもので、家族がそろうときはみんなでやっているということでした。月が見えないときはあきらめて、見える日を待つのだそうで、現にこのしきたりを守る方がいらっしゃると知ることができて、ありがたいお話でした。

上の女性を紹介したのは私で、他に、白井仁(しのぶ)著『思い出絵日記ー肩ぐるまの時代』も紹介しました。こちらも一部紹介します。

〜三日月さまのひにはかならず、とうふを買いにいかされた。帰ってくると、三日月に向かって母は何かをお祈りしていた。お祈りが終わるまで、そばで物珍しく見ていた。信心深い母だった。〜

「三日月信仰は、昔は各家で行われていたのでしょうか?」と重要な疑問を抱かれています。

志賀先生は、素朴な私の疑問を、本文に記述されています。

「三日月」さまに、月ごとの無事を感謝し、「お豆腐」をいただく…。

「三日月信仰」、現代でも生き続けてほしいですね。 

f:id:yatsugatake:20210115192100j:plain

“後遺症”については、若い世代の皆さん方への警告と受け止め、行動してほしいです。

 

アメダス、最高気温は9.9度(13:26)、日中は春のようでした。

最大風速は、東の風3.3メートル(17:10) 、明日午後には、傘マークの予報が…。

 

 

「佐久の季節便り」、「寒中」に春の陽気、気温差大きく…。

裏のグランドは、強い霜で真っ白に…。

浅間連峰」は、またも「雪雲」で覆われています。

アメダス、最低気温は氷点下8.0度(7:32)、「放射冷却」効果で

予報より下がりましたね。

日中は、予報通り、温度が上がるはずです。

「十二月」の異称・「臘月」に咲くという「臘梅(ろうばい)」…。

昨日、佐久市民交流ひろば」の物は、が膨らんだというところ…。

碓氷峠の向こう・松井田の蝋梅園ではどうなんでしょうか?

f:id:yatsugatake:20210113125713j:plain

日中は、ぐんぐん気温が上がりました。

久しぶりに野良回り…、「第二賢治ガーデン」「排水溝」整備について、計画しました。

作業は、地面の凍結が緩んでからの予定です。

ついでに、土手際の「彼岸花」(画面左端)に、寒風避けの土寄せをしました。

f:id:yatsugatake:20210114150920j:plain

読売新聞一面トップ見出しは、緊急事態11都府県に 首相発令 自治体と連絡協議
社説も、緊急事態拡大 今まで以上の危機感が必要だ 一部を引用します。

〜飲食店の営業時間短縮や在宅勤務、不要不急の外出自粛など、一人一人の取り組みが重要になろう。政府がもっと国民の心に響くメッセージを発し、一層の協力を呼びかけることが大切だ。(中略)

〜若年層は感染者数が急増している。無症状や軽症で済むケースが多いため、年末年始の行動に緩みが出た可能性がある。重症化しやすい人にうつさないよう、今一度、気を引き締めてもらいたい。(以下略)

社説で述べているように、改めて、国民一人ひとりが、日頃の行動を見つめ直し、感染拡大防止のために気を引き締めてほしいです。

午後の民放テレビの画像です。

下のグラフ・青線の100人未満を、来月末までに達成しなければいけませんね。

f:id:yatsugatake:20210114150724j:plain

同じテレビで、台湾のコロナ対策が放映されました。

SARS感染流行の怖さを反省…、対応がスピーディーな印象です。

f:id:yatsugatake:20210114152531j:plain

長野県では、新たに51名が陽性に…。

県知事から、「医療非常事態宣言」が発令されました。

今日は、旧暦…十二月二日、日の入りと月の入りの時間差が57分…。

月の入り時刻の30分ほど前には、西空は夕焼けに染まって、二日月は見えませんでした。(17:32)

明日の「三日月」さまは、乞う、ご期待です。

f:id:yatsugatake:20210114173239j:plain

アメダス、最高気温は11.2度(13:41)、最低気温との温度差は19.2度と、大きくなりました。

温度差が大きいので、体調管理が大切になりますね。

「佐久の季節便り」、「旧暦・十二月朔日(ついたち)」の「佐久市民交流ひろば」は…。

「濃霧注意報」、辺りは、ぼーっと霞んでいます。

うっすら積雪のグランドには、「椋鳥(むくどり)」が何かを啄んでいます。

玄関わきの植え込み・カルミア」の葉に、昨日の雪が積もっています。

f:id:yatsugatake:20210113090736j:plain

アメダス、最低気温は氷点下4.9度(7:37)、日中は気温が上がる予報です。

日が差し始めると、屋根の雪もどんどん融けて、音を立てて雨樋を流れます。

10時前、佐久市わが市(まち)」の放送が聞こえてきました。

移動図書館車・「草笛号」の巡回日です。

歩いて2分、歩数稼ぎのために、サンダル履きで出かけました。

凍結した道路にも、転ばないように気をつけて…。

新潮文庫・『宮沢賢治の真実 修羅を生きた詩人』など6冊を借りました。

手元に単行本はありますが、文庫本で読むのも、親しみやすくていいな。

帰り道、保育所の保育士さんや園児たちと、フェンス越しに新年の挨拶…。

ついでに、「草笛号」の宣伝と利用を勧めました。

 

日差しが暖かくなってきました。

久しぶりの洗濯日和、トイレマットなども洗って、外干しに…。 

今日は、旧暦・十二月朔日(ついたち)、今年、最後の月が始まります。

新月のこの日、<月>の会の月例会(会場:ひろば・「賢治ガーデン」)が、決まっています。

しかし、今回は「コロナ拡大防止」に配慮して、自粛することになりました。

それでも、ブログに投稿・公開のために、「ひろば」に一人で出かけました。

駐車場には10数台…、園内には数人ほどしか見られません。

「賢治ガーデン」のシンボルツリー・「ギンドロ」の株元に、作成した説明板を置きました。

この説明は、「ギンドロ」の履歴書とも言えます。

根繋がりの同一株・クローンが、各地に植裁されていることが、分かってほしいのです。

花巻市北上市佐久市と、ずいぶん離れています。

しかし、どの株も、宮沢賢治とゆかりのある、同じ根繋がり…。

生命の不思議・神秘…でもあります。

f:id:yatsugatake:20210113133435j:plain

続いて、「ひろば」に植栽されている木々を、観て回りました。

旧暦・十二月の異称に、「臘月(ろうげつ)」があり、「臘梅・蠟梅(ろうばい)が咲く月…」というがあります。

しかし、寒冷の佐久市では、まだ蕾が膨らんだばかりです。

「小式部」のフェンスの下を、野鳥が1羽、歩いては止まり、歩いては止まって…

「鳥探し」の「視力検査」ですよ。

野鳥の名は、口を……が、ヒントです。

f:id:yatsugatake:20210113125813j:plain

<月>の会で、皆さんに紹介することにしていた、雑誌・『やさい畑』の表紙の一部です。

掲載されている「旧暦菜園カレンダー」を、活用していこうというわけです。

f:id:yatsugatake:20210113105527j:plain

内容の一部を紹介します。

月のリズムを 畑仕事に生かす

害虫退治:害虫をたたくのは、満月の3〜4日後がもっとも効果的

収穫:月のリズムで変化する、樹液の流れに合わせて

種まき・施肥:栄養生長と生殖生長の時期を頭において作業する

 

アメダス、最高気温は6.9度(15:25)、季節外れの暖かさでした。

明日は、もっと気温が上がる予報です。

「佐久の季節便り」、「上(かみ)雪」が、早くも、寒中に…。

6時起き、心配した降雪はなく一安心…。

空は一面に曇り、「浅間連峰」はすっぽり「雪雲」に覆われています。

新聞を開くと、長野県版の見出しに、コロナ73人が感染 佐久など3市町村 県警戒5に引き上げ

昨日に発表された「レベル5」には、他人事でなく、正直身が引き締まります。

早朝、寝床で、コロナウイルス感染拡大防止」の放送が、はっきり聞こえました。

佐久市の広報車が、市内を回ったこと…、後で知りました。

アメダス、最低気温は、氷点下3.6度(4:55)、南からの風で冷え込みは緩んだようです。

天気下り坂、南岸低気圧が東に進み、佐久地方など・内陸にも雨や雪が降る予報です。

昔から、「春のドカ雪」とか「上(かみ)雪」の名で、気をつけています。

まだ、「寒中」だというのに…、「春型の雪」は異常なことです。

予報通りお昼前から、小雪がチラチラし始めました。

雨・雪雲レーダー画像です。(11:55)

「冬型の雪」が降る、北陸の石川・富山・新潟県には、雨・雪雲が見られません。

「東京で初雪、大阪で積雪」…、雲の様子でわかりますね。

f:id:yatsugatake:20210112120254j:plain

お昼の放送で、佐久市長が「レベル5」対応・感染拡大防止について、市民に協力・要請しました。

f:id:yatsugatake:20210112122049j:plain

昨日以来、佐久市の「レベル5」引き上げについて、関連する会や組織の関係者と対応について、電話のやり取り…。

ほとんどの会議・集まりについて、自粛する旨を確認し合いました。

 

雪は、夕方前にはやみ、積雪は1センチ未満、降水量は05ミリ(16時)。

南天(なんてん)」の葉に積もった雪は、一幅の絵画…

f:id:yatsugatake:20210112163009j:plain

昨夜に録画した映画・鉄道員(ぽっぽや)」を再生して楽しみました。

映画の最後・感動的な名シーン、目頭がジーンと熱くなります。

f:id:yatsugatake:20210112155300j:plain

お昼前のうちに、浅田次郎原作の単行本を、佐久市立図書館・ネット予約をかけました。

明日は、移動図書館車・「草笛号」の巡回日ステイ・ホームは読書のチャンス…。

 

アメダス、最高気温は1.0度(11:45)でした。

明日は、好天気の予報です。