「佐久の季節便り」、「ゴーヤのカーテン」、お役御免…。

昨夜遅くの雨で、辺りはしっとり…、どんより曇り空です。

アメダス、最低気温は18,3度(6:53)、日中は気温が上がらない予報です。

昨夕、孫娘のお手伝いで、「ゴーヤ」を収穫、これで、チャンプルーも食べ収めか…。

明日は、「ゴーヤ・緑のカーテン」を片付ける予定です。

f:id:yatsugatake:20190917193452j:plain

日よけに、食用に…、大活躍の「ホワイト・ゴーヤ」も、いよいよお役御免です。

朝イチ仕事で、カーテンを片付けた後、大小様々、採れた果実全部を、縁側に並べてみました。

f:id:yatsugatake:20190918080253j:plain

「来シーズンには、赤い種子の甘さを味わってみたいな…」

「大活躍ありがとう、種子も確保したし、来シーズンもどうかお願いします。」

朝食後の仕事は、アメリカシロヒトリ」の駆除を、妻の手伝いもお願いして…。

「柿(カキ)」、「杏(アンズ)」、「ネコヤナギ(猫柳)」…。

すでに抜けた後の葉もありましたが、意外だったのはキウイフルーツ」の葉…。

病虫害の少ない「キウイ」なのに問題にせず、見事な食べっぷりです。

f:id:yatsugatake:20190918101233j:plain

日照無く、農作業日和…。

野良回りで、「セロリ」パクチーのポット苗を植え付けました。

畑に回って、「ニンニク(大蒜)」種・球根を植え付けました。

夕方、庭先を見てびっくり…、「ヘヴンリーブルー・朝顔が開いたままです。

f:id:yatsugatake:20190918171632j:plain

夜になって、小雨が降り始めました。

アメダス、最高気温は22.8度(11:10)、肌寒い一日でした。

 

「佐久の季節便り」、「キタテハ」蝶が、「ブッドレア」の花に…。

どんより曇り空で、「浅間山」が見えません。

ラジオは、「佐久地方に、濃霧注意報…」を報じました。

「クサヒバリ」でしょうか、今年も「チリチリチリ…」日中に甲高い鳴き声を響かせています。

アメダス。最低気温は18.6度(5:58)、日中は暑くなる予報です。

火曜日、「ひろば・賢治ガーデン」の世話・手入れに出かけました。

蝶を呼ぶ花として有名な「ブッドレア(フジウツギ)」の花に、「蝶」が止まって蜜を吸ってるようです。

f:id:yatsugatake:20190917105934j:plain

さて、何蝶かな‥?

翅を畳んで裏の翅を見せたとき、かわいいハート型が見え、「キタテハ」蝶と思われました。

f:id:yatsugatake:20190917110021j:plain

ほかの花色もあるので、いろんな蝶に訪れてほしいな…。

「オニグルミ(鬼胡桃)」の木を見上げると実を発見…、結実初めての出来事です。

この実を求めて、何かの動物がきたら…、興味があります。

f:id:yatsugatake:20190917105532j:plain

「トチ(栃)」の実を拾ってきたので、今年も「笛作り」…。

毎年作っているので、すぐにできました。

f:id:yatsugatake:20190917152130j:plain

子どもにも大人にも、楽しんでほしいです。

午後は、ぐんぐん気温が上がりました。

隣の空き地、我が家側を、刈払・除草をしました。

アメダス、最高気温は28.4度(14:48)、「夏日」でした。

 

 

 

「佐久の季節便り」、「ハナミョウガ(花茗荷)」の初物、「大根」第1回の間引き…。

ラジオでは「千葉県の被災地方面が、大気不安定の大雨…、」と、報じています。

「電気・水道の復旧を一日も早く…、」と祈ります。

どんより曇って、「霧雨(きりさめ)」が頬にあたります。

庭先をめぐると、「ハナミョウガ(花茗荷)」が目に付きました。

初物を持って台所へ…、奇妙な花が面白いです。

f:id:yatsugatake:20190916093750j:plain

「オクラ」と「モロヘイヤ」も摘んできました。

f:id:yatsugatake:20190916071935j:plain

今朝も男の料理で、昨朝の「コンソメスープ」の残りに、刻み込みました。

アメダス、最低気温は18.0度(4:34)、日照は無い予報です。

今日は、祝日・「敬老の日Googleトップページも敬老バージョン

子どもが、菊のような花を背負っています。

f:id:yatsugatake:20190916070441j:plain

日差しが無く、熱中症の心配も無いので、「大根」の第一回間引きを進めました。

9日の午後に播種後、1週間、間引きして2本にしました。

f:id:yatsugatake:20190916154839j:plain

本場が勢いよく伸び始めたら、第二回間引きで、1本にしましょう。

ついでに、定植した「白菜」の株元に、虫避けのオルトラン顆粒をばらまきました。

玉ねぎの植え床をならし、除草シートを被せて、雑草予防…。

月末には、「苗」が手に入るかな…。

アメダス、最高気温は23.7度(15:38)、日照はありませんでした。

 

「佐久の季節便り」、「花オクラ」と「トマト」を、コンソメスープにしていただく。

冷えは緩んで、風のない朝です。

早朝に、裏道わき花壇に、久しぶりのホース水やり…。

アメダス、最低気温は18.2度'(5:38)、気温は上がる予報です。

昨日いただいた「花オクラ」花びらが巻いてきたので、タイムリミット…。

「困ったときの、コンソメルー…」「トマト」の力の力も借りて…。

f:id:yatsugatake:20190915070910j:plain

「花オクラ」の花びらはトロトロ状態、コンソメスープが完成しました。

いつもの、「モロヘイヤ」スープと同様に、美味しくいただきました。

f:id:yatsugatake:20190915071240j:plain

今日、楽しみなテレビ観戦は、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」です。

f:id:yatsugatake:20190915082125j:plain

散髪していただきながら、テレビ観戦…。

設楽選手の優勝確実かと思いきや…失速の14 位…。

来年のオリンピック、今から厳しいレースが目に見えるようです。

お昼前に、地区内に資料配り…、帰りに、常木用水沿いの道を通りました。

用水を跨ぐように張り出した「オニグルミ(鬼胡桃)」が結実…。

透けて見える葉は、アメリカシロヒトリ」の食害痕か…・

f:id:yatsugatake:20190915120817j:plain

アメダス、最高気温は28.9度(12:59)、「夏日」の暑い一日でした。

「佐久の季節便り」、快晴、「白菜」のポット苗を定植しました。

長袖の肌着で、昨夜は就寝…、正解でした。

今朝は気温が下がって、寒い朝、空は快晴です。

アメダス、最低気温は13.1度(6:11)、日中もよく晴れる予報です。

昨夜、中秋の名月」へのお供え野菜…、珍しい「花オクラ」を、わざわざ届けてくださいました。

f:id:yatsugatake:20190914144742j:plain

食べ方は、生でサラダに、しゃぶしゃぶで…。

先ずは、花をコップに挿して、観賞しましょう。

来シーズンは、自分でも栽培してみようかな…。

午前中は、近くの小学校の運動会に招かれて、見学しました。

書目名や競技内容が、昔とはずいぶん変わりました。

短距離走は、学年ごとにユニークで、6年生「Last Ran!」は、そのものズバリ…。

スタートは、どの学年もセパレートコース…、そのためか、転倒する児童が一人もいませんでしてた。     

昔の、遊戯やダンスは、「表現」に…、児童たちは、リズムに乗って、意欲的でした。

「綱引き」が「竹引き」に様変わり‥、2回線とも同点になることが興味深かったです。

人数が多ければ多いほど、力が平均化する理屈になるんですね。

 

午後4時、日が傾いてから野良回りに…。

秋風に揺れる「ワレモコウ(吾亦紅)」の花が、青空に映えています。

f:id:yatsugatake:20190914162607j:plain

「白菜」のポット苗を定植し、虫避けネットで覆いました。

f:id:yatsugatake:20190914163718j:plain

今夜「十六夜」の月は、満月(望/15:33)、月の出を待ちました。

しかし残念!!厚い雲に覆われてしまいした。

昨夜、二次会場のお店に掲げられていた物で、お月さまを愛でましょう。

f:id:yatsugatake:20190913200855j:plain

アメダス、最高気温は25.6度(14:40)、秋晴れの「夏日」でした。

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「中秋の名月」、「月待(つきまち)」行事に参加、楽しみました。

目覚めて、ラジオを点けると、気象予報士・伊藤みゆきさんの声が…。

今夜の中秋の名月」の観望について、空模様をもとに、明快に予想してくれました。

「長野県佐久地方は、観望可能…」と、聞き取りました。

外は、どんより曇り空、「浅間連峰」は裾に雲の帯が…。

湿っぽい東風は、佐久では昔から「雨風(あまっかぜ)」と呼んでいます。

アメダス、最低気温は16.7度'6:21)、急に、気温が下がりました。

小学校では、「お月さま」をどのように学習しているのだろうか…?

小1の「せいかつ」科の教科書を開いてみました。

f:id:yatsugatake:20190912212014j:plain

なるほど、「おつきみ」の行事が載っている…。

見開き、隣ののページには、月の形の変化のなかで、「八月十五夜」の月も…。

それと、月面に見える「兎の餅つき」も…。

f:id:yatsugatake:20190912212111j:plain

さて、「生活」という正式な教科は、本来は家庭で教えるべき学習を、親の忙しさを理由に、学校に肩代わりさせたもの…。

学校の教室では、夜間、実際の「お月さま」は見られません。

したがって、夜間に、家庭の皆さんの指導がなければ、子ども任せになってしまいます。

そのあたりを、家庭の保護者が理解して、協力してほしいものです。

日中は、曇り空で日照がありません。

それでも、予報を信じていました。

 

佐久<月>の会では、今年も「月待(つきまち)」観望会を計画しました。

「月待(つきまち)」は、『月暦』(月と季節の暦)の最作者志賀勝先生のご指導です。

「お月見」の言葉とは区別して、月の出を、期待を込めて粛々と待つところに意味をもたせているのです。

月の出時刻は、17;52((長野)ですが、山の分として30分ほど遅れると、18:20頃か…。

そして、山の端の雲で、やや遅れ、神々しい「十五夜お月さま」を拝むことができました。

「ののさま」の呼び名は、全国的に使われてきた、月・日・神仏・ご先祖さまを敬う言葉と、分かりました。

その後、曇って、お月さまは隠れてしまいましたが、二次会がお開き、9時過ぎに、雲間に、再び観望できました。

f:id:yatsugatake:20190913211158j:plain

よく観ると、左上がやや欠けています。

まだ、満月・望 の前だと分かります。

f:id:yatsugatake:20190913211239j:plain

明日の夜・「八月十六日」のお月さまが、月齢14.7(正午)、満月・望(13:33)ということになります。

アメダス最高気温は19.0度(14:20)、気温は上がりませんでした。

夜が更けて、気温が下がってきました。

風邪ひきに、要注意です。