「佐久の季節便り」、10月、今も咲いてる、「ひろば」の「宗旦むくげ」。

予報通り、寒い朝です。

10月1日、いよいよ秋という実感です。

アメダsy、裁定気温は9.1度(5:48)、とうとう、気温が一桁台に下がりました。

日中は、気温が上がる予報です。

鳥除けネットを掛けた、「梅擬(うめもどき)」に、鵯(ひよどり)が…。

それでも、効果はあるようです。

今、緑の葉に赤い実が見頃です。

今年こそ、落葉後の赤い実を見たいものです。

「ひろば」の運営委員会・「さくのわ花物語があり、出席しました。

今月16日に予定されている、「ハロウィンフェスタ」の実施案の検討でした。

会場の建物・「虹色ハウス」前に、昨年、木槿(むくげ)」2株を記念植樹しました。

「宗旦(そうたん)」と「紫玉(しぎょく)」の2品種で、先日、佐久ケーブルテレビで取材・放送されました。

その「宗旦(そうたん)」木槿、花弁の模様が変わっているのです。

「底紅」が放射状に大きく広がって、まるで別jの花のようです。

花の正面から撮りました。

こうなった原因は、何でしょう?課題が生まれました。

来シーズンも、この謎を観察・究明していくつもりです。

次の写真が、8月末の同じ場所・同じ「宗旦」の花です。

午後は、早めに野良回り…「第二賢治ガーデン」へ…。

いただいた「子の田螺」を、ポリ容器や菊鉢で、冬越しに挑戦…。

水と保温を考慮しましたが、果たして旨くいきますかどうですか。

「馬の鈴草」の植え付けも計画しています。

畑に寄って、「大根の間引き」…、「六日のお月さま」が南の空にかかりました。

 

アメダス、最高気温は25.9度(13:14)、日差しの強い「夏日」でした。

「佐久の季節便り」、爽やかな秋晴れ、夕方に「九月五日」のお月さまが…。

爽やかな秋晴れ、「浅間山」もくっきり見えています。

虫の音も、ずいぶん寂しくなってきました。

アメダス、最低気温は10.3度(6:06)、日中はよく晴れる予報です。

「ひろば」の植栽ボランティアの活動日、今シーズンの片付け作業が始まりました。

「芝エリア」の全体作業で、バラの整枝をしました。

捨てるのはもったいないので、切花として飾りました。

「栃の木」の下枝を切り、日当たりを良くしました。

お昼には、「おそば」の振る舞いがあり、美味しくいただきました。

ハウスの前の「宗旦ムクゲ」の花が、底紅が大きく放射状に伸びて、別の花のようでした。

「玩具南瓜(おもちゃかぼちゃ)」種子用に採りました。

ニュートンのりんご」の木の果実です。

種子が6個、どんな芽が出るか、楽しみです。

夕方、雲がありません。

旧暦、九月五日、ようやくお月さまに出会えました。(17:41)

月齢4.2(正午)は、バナナの太さぐらいでした。

アメダス、最高気温は26.3度(13:27)、秋晴れの爽やかな「夏日」でした。

「佐久の季節便り」、「浅間山」に「噴煙」が…、久しぶりのことです。

朝から晴れて空にはうろこ雲が広がッています。

アメダス、最低気温は12.7度(5:59)、日中は晴れて強い日差し…、の予報です。

外仕事で、「槿(むくげ)」の鉢替えをしました。

何と、「赤系」の花が観られました。

とりあえず、「赤一重」の呼び名にしておきましょう。

これで、色・形違いの5品種が揃ったので、娘の家の庭に定植する予定です。

読売新聞 1面見出しは 日中友好から緊張へ 国交正常化今日50年

露、4州併合強行へ 住民投票「賛成80〜90%台」ウクライナ

<9.26夕刊>よみうり寸評 を引用します。

夏目漱石が子との会話を日記に書き留めている◆「お父さま地面の下は水でしょう」「そうさ水だ。井戸を掘ると水が出るからな」それじゃなぜ地面は落っこちないの」…「そう旨くはいかないよ」(岩波文庫漱石日記』)◆答えに窮したような漱石の最後の言葉を引いて独文学者の高橋義孝が昭和の随筆に綴る。この文句をいろんなものに投げつけてもいい、と。対象としてまず例示しているのは<ヴィエトコンを叩き伏せようともがいているアメリカ人>である。令和の今ならロシアが挙がるに違いない◆ウクライナの4州でロシアへの併合の賛否を問う“住民投票”が行われている。“開票結果”を根拠に併合が宣言されれば、ウクライナの抵抗も国際社会の制裁も強まろう。魂胆お知れた猿芝居をゆるすわけにはいかない◆武装した親ロシア派が住民に事実上、投票を強要している実態が報じられる。住民の大多数が併合を願うなら無用なことだろう。などと言えば、「そう旨くは行かないよ」とうそぶくのだろうか…。

 

日中、日差しが強く照りつけました。

夕方に野良回り、黄金色の稲田の向こうに、「浅間」が噴煙を上げています。

活発期に入ったのでしょうか、噴煙は久しぶりです。

足元には、イヌサフラン」・「コルチカム」が広がっています。

歯が見られない…、「彼岸花」の仲間ですね。

やはり、ご本家の「彼岸花(ひがんばな)」も、葉は見られたません。

昨日のテレビで、「葉見ず、花見ず」と呼ばれるわけを解説していました。

畑に寄って、間引き大根や人参の野良土産…。

帰宅すると、今夕も西空に雲が広がってしましました。

「四日」のお月さま「あの辺りに居るはずだ…」

アメダス、最高気温は25.2度(14:00)、「夏日」になりました。

「佐久の季節便り」、賢治ゆかりの「紫いろのケール」をスムージーでいただく。

雨上がり、冷ん槍とした曇り空です。

咲夜遅くから今日の未明まで(21時〜2時)の雨は、18.5ミリ意外な大雨になりました。

アメダス、最低気温は15.1度(5:06)、日照が少なく、気温は上がらない予報です。

本日の手作りスムージー・原料は、賢治ゆかり・「銀貨鉄道の夜」に登場する「紫いろのケール」です。

昨日、「賢治ガーデン」で採ってきました。

1メートル近い迫力dす、賢治は、この生命力に憧れたのかも知れません。

花壇設計図にも、「ケール」の文字が見られます。

葉ボタン」とは、近縁種ですからね。

親!!、画面中央の緑色は何でしょう?

近寄って観たら、「アマガエル」が、ちょこんと休んでいました。

急に寒くなったので、「頭隠して、尻隠さず—」

乳飲料と蜂蜜を加えて、出来上がったスムージー

見ると、「青汁」とは言えない、青黒色です。

口に含むと、栄養はありそうです。

賢治は、どんな利用をしたのだろうか…、残炎ながら、記載には出会えていません。

 

緑のカーテンを願った「糸瓜(へちま)」は、相変わらず元気です。

もうしばらく、完熟するのを待ちましょう。

「賢治ガーデン」西端に「馬の鈴草」が補植されていました。

活着して、無事に冬越ししてほしいです。

読売新聞 一面トップ見出しは、安倍元首相 国葬 菅氏「真のリーダーだった」

3面 総合 社説 功績たたえ多くの人が悼んだ 外交遺産を戦略的に活用したい

出会い別れ菅氏朴訥と 「いつか首相になる人 確信した」 一部を引用します。

〜銃撃事件お起こった当日、「同じ空気を共にしたい」との一心から、現地の奈良県に向かったことにも触れ、会場の昭恵夫人は時折、涙を拭いながら聞き入った。

 弔辞の最後は、安倍氏議員会館の机に読みかけの本が置かれ、明治の元勲・山形有朋が盟友・伊藤博文を銃撃で失った跡に詠んだ歌に線が引かれていたことを明らかにした。

 「この歌ぐらい、私自身の思いをよく詠んだ一首は有りません」と語り、「かたりあひて、尽くしし人は 先立ちぬ  今より後の 世をいかにせむ」との歌で締めくくると、会場は拍手に包まれた。 

今日の民放テレビで、橋本五郎さんもこの弔辞での拍手に、触れていました。

 

今日は、日照が殆どなく肌寒い一日でした。

アメダス、最高気温は22.3度(14:29)、佐久市アメダス0.5ミリ(12時)の雨量が記録されていました。

期待の「三日月」も、雲い隠れてしまいました。

「佐久の季節便り」、岩村田小・4年生が、「藤城神社」「岩村田城址・石碑」と「岩村田ヒカリゴケ」を学びました。

朝から曇り空です。

アメダス、最低気温は18.1度(6:21)、夜には「雨」の予報も出ています。

タイトルの校外学習は、小学4年生には、曇り空はむしろありがたいです。

岩村田小学校は、岩村田城・本丸跡地に建っています。

というわけで、校外学習が計画されました。

画面左が、「藤城神社」の石祠です。

岩村田藩の最後の殿様・第七代内藤志摩守正誠(ないとうしまのかみまさあきら)が、明治4年、廃藩置県の年に、ご先祖・歴代藩主を祀るために建立しました。

右が、鳩山一郎の署による岩村田城址」の石碑です。

石碑の裏面には碑文が刻まれています。

郷土史家・岩崎長思の撰文 書架・大森萬里の書

碑文は、汚れ、文字は潰れ、崩字のために読みづらいです。

数年がかりで、なんとか書き写すことができました。(記載略)

4年生には、難しい文字・内容です。

読み取りは、今日一日で終わることなく、大人になっても挑戦してほしいものです。

最後の殿様・内藤志摩守正誠は、江戸幕府の大役もつとめました。

浅田次郎歴史小説・『一路』にも登場していますので、読んでみてください。

文庫本でも出ています。

関心のある方々が、全国から訪れています。

 

次の見学地・「岩村田ヒカリゴケ」は、国の天然記念物です。

日本で初の発見ということで、価値が認められました。

岩村田城址の東側の崖・洞窟内に見られます。

説明板にあるように、最初の気づきが、通学途中の中学生(現・野沢北高生)ということが素晴らしいことです。

「光る土」を学校の博物教師に見せ、またそれを大学の専門家に送り、「ヒカリゴケ」と鑑定されました。

この3者が見事に連携して、日本初の発見につながったのです。

午後、「ひろば・賢治ガーデン」の様子を見に行きました。

「麝香アゲハ」の食草・「馬の鈴草」の株分けされていました。

「蛹」や「幼虫」が、寒い冬をどう過ごすか、観察していきます。

 

夜遅く、雨が降り始めました。

アメダス、最高気温は28.1度(13;47)、「夏日」、蒸し暑い日でした。

「佐久の季節便り」、旧暦、九月朔日(ついたち)、秋花壇が見頃に…。

旧暦、九月朔日(ついたち)、暦通り、秋を実感させます。

アメダス、最低気温は15.6度(5:44)、今朝も、佐久地方に「濃霧注意報」、霧が霄レたら、暑くなりそうです。

朝ドラ・「チムどんどん」を見ていて、沖縄の「紅型(びんがた)」が頭に浮かびました。

50年以上も前、若い頃の沖縄土産を、玄関に飾りました。

衝動買い、嵩張った荷物は、その後の旅でずいぶん苦労した、思い出の品です。

今なら、宅配方式があるんですが…。

案の定、晴れて強う日差しが照りつけました。

軽トラで。産直店に出かけ、佐久特産プルーンを弟妹たちに送りました。

連休明けなのに、駐車場には県外車が見られ、大いに賑わっていました。

 

午後4時、裏道わき花壇を観て回りました。

「旦過花桃街道」の案内板、「コスモス」・「カンナ」・「角虎の尾」・「千日紅」など…。

やはり花壇には秋の風情が漂っています。

「小式部」と、その上に「白式部」も被さっています。

野良回りをすると、何と、コンバイン・稲刈りが始まっていました。

畑に回って、「大根」の間引き、20本ほど、順調に生長しています。

帰宅しすぐに、妻に茹でてもらいました。

貴重なビタミン源、刻んでゴマ塩をかけて、いただきました。

アメダス、最高気温は27.8度(14:48)、「夏日:、日中は暑かったです。

明日は曇り空、夜には雨の予報です。

「二日月」は、今から諦めです。

「佐久の季節便り」、「秋海棠」の花が、独特な形の実を吊るして…。

久しぶりに、明るい朝日が差し込んでいます。

アメダス、最低気温は18.2度(3時)晴れの予報です。

 

「秋海棠」の花が、いつの間にかし、独特な形の実を吊り下げています。

花に近寄って観ました。

「秋海棠」は、種子以外にに、地下茎・零余子(むかご)でも仲間を殖やせる強者です。

前庭には、「コルチカム」・「イヌサフランが、今年も花を広げました。

花だけ開花し、これも、「葉見ず、花見ず」戦略です。

午前中は、強い日差しのため、外仕事は敬遠しました。

一日ががりで、岩村田小・4学年生の学習資料作りを進めました。

◯「藤が城」のれきし ◯石斧・「岩村田城趾」の碑文を読み解こう 

◯「岩村田ヒカリゴケ」の探求」

◯「ヒカリゴケ」が光るわけ 佐久市志』参照

 

アメダス 最高気温は26.5度(13:36)  「夏日」でした。

早朝に、0.5ミリ(5時)の雨量を記録しました。