「佐久の季節便り」、「生誕113年」、亡父は明治40年生まれ‥。

昨夜は「網戸・窓」で就寝‥、夜間の気温も高めです。

早朝、大群・「ムクドリ(椋鳥)の鳴き声で目覚めました。

北の窓を開けても、電柱・電線を中心に大群の「ムクドリ(椋鳥)」が止まって、にぎやかに鳴き交わしています。

佐久の里山平尾山が、朝焼け雲に覆われています。(5:05)

f:id:yatsugatake:20200805050530j:plain

アメダス、最低気温はc21.4度(5:50)、今日も「真夏日」になる予報です。

昨日の最高気温は、偶然にも東京と同じ31.3度でした。

埋め立てゴミ回収日、急いでまとめてゴミステーションへ‥。

10時前には、スピーカー・「佐久わが市(まち)」が鳴り‥、移動図書館車・「草笛号」の巡回です。

NHK子ども科学電話相談 科学おもしろ』、『よくわかる新田次郎』などを借りました。

 

朝のラジオ・「誕生日」の花、父の誕生日は「クサキョウチクトウ(草夾竹桃)」

フェンス際に咲いている花を写真に収め、亡き父を偲びました。

明治は遠くなりにけり」そして、昭和も遠くなりにけり」「光陰矢のごとし」」を実感しました。

f:id:yatsugatake:20200805120205j:plain

この花は、「花魁草(おいらんそう)」ろも呼ばれ、「盆花(ぼんばな)」として親しまれています。

「賢治ガーデン」や、休耕田・(第二賢治ガーデン)にも、植えてあります。

今日得た、野鳥についての情報を列記します‥。

1,ムクドリ(椋鳥)」は、朝も大群で集まる。

2,「モズ(百舌鳥)」が、「キチキチ‥」」と鳴き、尾をくるくると回している。

3,カッコウ(郭公)」は、縄張り争いなど、敵対行動の際は鳴き声が異なる。

(子ども電話科学相談での質問に回答)

「カッカッカカ、カッコウ‥」など、のどかな鳴き声ではない。

宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」でも、「カッツカッカカ‥」と鳴いていますね。

4,質問した子どもがキビタキ(黄鶲)」について話した。鳴き声は真似は難しそうだった。回答の先生は、「ピッコロ‥」高音と話した。

一昨年、「八ッ場ダム」見学の際に美しい派手な姿を見かけた。

鳴き声については、『聴いて楽しむ野鳥100声』を引用します。

地鳴き:“ピッピッ”“クルルッ”

さえずり:“フィーフ ィリピー”“フィッフィリーフィ”

小綬鶏の「チョットコイ」や、蝉の「ツクツクホーシ」に似ているような鳴き声を聴いたことがあります。

今日は、野良回りを2回しました。

田んぼの入り口で、電線工事をしていて入れなかったためです。

夕方、雨の降る前に改めて出かけ、懸案の「落花生」の除草‥。

「赤紫蘇」の土寄せ。「野菜類」・「小玉スイカ」の収穫。

 

アメダス、最高気温は33.6度(13;45)、「真夏日」、ちょっと動くと汗ばむ暑い一日でした。

f:id:yatsugatake:20200805083457j:plain

全員がマスク、暑い日は大変ですね。

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「乾燥トマト」作り、最高気温33.1度の「真夏日」に…。

6時、北の窓を明けると、裏の空き地に朝日が差しています。

玄関わき、咲き始めた「ギボウシ(擬宝珠)」の花にも、朝日が当たっています。

f:id:yatsugatake:20200804064721j:plain

例年、「盆花」としてお供えしますが、今年は1週間ほど早いようです。

アメダス、最低気温は20.0度(4:42)、「日中は曇のち晴れ」暑くなる予報です。

UEVC(上の城環境ボランティアクラブ」の活動日、熱中症」予防に十分気をつけて活動しました。

招魂社境内では、梅雨明け後一気に伸び出した野草は穂を出しています。

今がチャンス、実が熟して種子が溢れないうちに、手で抜き取るのが一番、実生の「コスモス」、「ヤクシソウ(薬師草)」などを残す「選択的除草」‥

刈払機で、全草を除去するのとは違い、良い手入れができました。

コマツナギ(駒繋)」の株を、「土塁」の裾に補植しました。

暑いので早めに作業が終わり、その足で「ひろば・賢治ガーデン」へ‥。

「陸羽132号・賢治米」」、「オクラ・陸蓮根」などに水やり‥。

梅雨明け3日、今度は水やりが心配です。

帰宅して一休み、テレビで「乾燥野菜」の効用が放映されました。

思い立って、「乾燥トマト」作りを実践、焼け付くような屋根に干しました。

輪切りなので、炎天下3日も干せば完成しそうです。

旨さも栄養も増すようなので、楽しみです。

f:id:yatsugatake:20200804160745j:plain

NHK長野局のテレビ視聴でびっくり、「コロナ禍」が現実味を帯びてきました。

都市圏に近い佐久地方は、警戒レベルが高いの当然かも知れませんね。

f:id:yatsugatake:20200804155706j:plain

夜の楽しみは、水無月十五日」・望(満月)のお月さまです。

月齢14.4(望/0:59)、月の出時刻は19:31(長野)

20時頃からベランダで待ちました。

雲があったので、約1時間後に雲間に現れました。(20:29)

右上が、やや欠け始めていますかね‥。

f:id:yatsugatake:20200804202943j:plain

アメダス、最高気温は33,1度(14:10)、大暑」に相応しい「真夏日」でした。

 

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「蟻の火吹き」・実験、孫の夏休み研究として…。

「佐久地方に濃霧注意報‥」、今朝も気象情報で特別に告げられました。

アメダス、最低気温は20.4度(5:55)、大気の状態が不安定で、「熱中症」と「雷雨」に要注意‥。

「梅雨明け」・日照のおかげで、ハス田の「大賀ハス」が見頃になりました。

f:id:yatsugatake:20200803102233j:plain

夏休みで訪れた孫娘と、「蟻の火吹き実験」を実行しました。

先ず、庭先から「キキョウ(桔梗)」の花を摘んできました。

そして、雌しべと雄しべの様子を観察し、「雄性先熟」の意味について復習しました。

f:id:yatsugatake:20200803105826j:plain

花弁を、切り取りました。

蟻の持つ「蟻酸(ぎさん)」は、クエン酸で代用しました。

f:id:yatsugatake:20200803111242j:plain

見事に火を吹いて、実験は大成功‥。

花弁を刻んで、酸性クエン酸をかけて確かめました。

「ありのひふき」と、名前をつけた人の発想力に脱帽です。

f:id:yatsugatake:20200803111915j:plain

夏休み中の家庭学習として、この他に、「しそジュース作り」、「えひめAI作り:」「バジルの挿し芽」などを計画しています。

午後、雨が降らないうちに野良回り、「ブルーベリー摘み」や「野菜の収穫」‥。

「小玉スイカ」は、蔓をいじったらバリッと割れて、初採りです。

f:id:yatsugatake:20200803103623j:plain

途中、激しい雷鳴がして、急いで帰宅‥。

でも、雷雨はありませんでした。

アメダス、最高気温は31.7度(13:35)、真夏日でした。

いよいよ「暑中見舞い」の気分になりました。

「佐久の季節便り」、「万葉の花」・「キキョウ(桔梗)」を視聴しました。

早朝、4時前に目覚め、しばらくするとバイク音、新聞配達です。

新聞を取りに出ると、空は晴れて、「浅間山」も見えています。

4時半、北の窓を開けると、明けゆく空に噴煙を上げる「浅間山」が‥。(4:30)

f:id:yatsugatake:20200802043004j:plain

アメダス、最低気温は19.2度(4:41)、日中は気温が上がる予報です。

日曜日のテレビ・「趣味の園芸」で、特集「万葉の花」・「キキョウ(桔梗)」が放映されました。

英名は、蕾の形からBalloon Flower 

f:id:yatsugatake:20200802084108j:plain

万葉集』に「朝顔」と詠まれている花には、諸説あるようです。

朝顔(あさがほ)は朝露負ひて咲くといへど 夕影にこそ咲きまさりけり

夕影つまり夕日に映える花といえば、「桔梗」の花がぴったりということです。
さて、花の観察について、先日来このブログに投稿しています。

先日は、雄しべが展開して花粉を出している写真を載せました。

今日は、雌しべについてです。

放映された上の花の写真で、花の中心に星型に見える物こそが、雌しべの姿です。

次の、庭先で観た花の写真、上の写真と同様に雌しべ開き、雄しべは萎れています。

f:id:yatsugatake:20200801100447j:plain

雄しべと雌しべには、成熟に時間差があるのです。

雄しべが先に成熟し、雌しべは遅れて成熟します。

植物学的には、「雄性先熟」といいます。

ネット検索・「キキョウの雄性先熟」を一部引用します。

 多くの植物は、自分の花粉で受粉(自家受粉)してしまわないように、いろいろ工夫しています。その一つが雄性先熟です。これはまず、花が咲くと最初に雄しべが成熟し、やってきた昆虫に花粉をわたします。そして雄しべがしおれてから雌しべが成熟し、やってきた昆虫から花粉を受け取って受粉するというものです。これによって、自家受粉をうまく避けているのです。(以下略)

明日は、「ありのひふき」とも呼ばれる由来、「桔梗」の花の秘密について投稿する予定です。

 

日曜日で、保育園も休みなので、裏の空き地・グランドの刈り払い除草を進めました。

午後には、岩村差小学校の「土塁」周辺の様子を観猿、開花し始めた「ヤブラン(藪蘭)」を補職しました。

ついでに、除草も観覧に‥。

f:id:yatsugatake:20200802134727j:plain

野良回りは、今日はお預け、大相撲7月場所・千秋楽を楽しみました。

優勝を決める大事な一戦・「御嶽海」VS「照ノ富士

郷土力士・「御嶽海」は力を発揮できずに破れました。

照ノ富士、復活優勝、おめでとう!!」

「序二段まで落ちても諦めなかったど根性、素晴らしい!!」

励まし続けた、部屋の師匠・伊勢ケ浜親方にも敬意を表します。

 

アメダス、最高気温は30.0度(14:17),「真夏日」ジャストでした。

夜には雲が広がり、「水無月十三日」のお月さまは、雲間に時々顔を出すばかりでした。

「佐久の季節便り」、「戌の満水」、今も佐久地方に残る墓参の風習‥。

8月1日、佐久地方には相変わらず「濃霧注意報」が‥。

アメダス、最低気温は20.3度(4:27)、今日も霧が霽れば暑くなりそうです。

昔から、佐久地方には、8月1日に墓参の風習があります。

それは、「戌の満水」の犠牲者を供養することからです。

お墓に供える花束を用意しました。

f:id:yatsugatake:20200801095836j:plain

材料の花は、田んぼや庭先で用意することにしています。

身の回りの様子が分かり、ご先祖様が喜ぶはずだからです。

昨日のうちに、ミソハギ(禊萩)」や「ハス(蓮)・蕾」を用意しました。

f:id:yatsugatake:20200801160015j:plain

さて、「戌の満水」とは‥、ネット・ウィキペディアから一部引用します。

1742年(寛保2年)8月に千曲川犀川流域に発生した大洪水である。

寛保2年が壬戌(みずのえいぬ)にあたるため、被害の大きかった千曲川流域では「いぬの満水」と呼ぶ。旧暦8月1日(1742年8月30日)の被害が大きく、200年以上を経過した現在でもお盆のお墓参りとは別に、その犠牲者供養のため、新暦の8月1日に墓参する風習が残っている。(以下略)

旧暦8月といえば、現行歴の9月であり、まさに、台風襲来の季節に重なっています。

長野県千曲川流域では、昨年の台風19号による大被害がありました。

まだ復旧工事さえ完成していません。

台風襲来の前に、万全の注意が必要ですね。

 

午後には野良回り‥。

「パプリカ」が、黄色く熟していました。

隣には、赤色種もそろそろ‥。

f:id:yatsugatake:20200801155450j:plain

「ブルーベリー」は、やや晩生の「ラビットアイ系」品種が、熟し始めました。

f:id:yatsugatake:20200801155208j:plain

畑に回って、畦草の刈払い除草‥。

「野菜類」を採って野良土産‥、おかげで夕飯には野菜料理のオンパレード‥。

 

夕方のニュースで、関東甲信地方が梅雨明けしたと思われます‥」

「平年より11日、昨年より8日遅い‥」とのことです。

アメダス、最高気温は29.6度(12:46)、辛うじて「真夏日」は免れました。

「雷注意報:」が出て、空には雲が広がっています。

水無月十二日」のお月さまは、ほとんど雲に隠れてしまいました。

「佐久の季節便り」、「緑のカーテン」が、ようやく出番に…。

早朝に降った雨、辺りはしっとりとしています。

朝日が輝き、雲を頂いた浅間連峰」、山肌が黒々と観えます。

今朝も、岩村田小学校児童が、元気に登校していきます。

アメダス、最低気温は19.7度(5:20)、日中は暑くなりそうです。

緑のカーテン」・「ミニ白ゴーヤ」が、ようやく出番を迎えました。

一番果実は早くも採り頃‥、そろそろ「ゴーヤチャンプルー」に‥。

f:id:yatsugatake:20200730122914j:plain

蔓の先端は、軒先まで達して生長は順調、次々に雌花も咲いています。

f:id:yatsugatake:20200730085112j:plain

今日は、「ひろば・賢治ガーデン」の作業日、伸びに伸びた不要な野草、数々の木の枝‥の処理に追われました。

それでも、大きく成長した木陰での作業は、捗りました。

木槿(むくげ・きはちす)」の枝も透かしてもらい、スッキリとしました。

これで、アブラムシなどの防虫効果が期待できます。

f:id:yatsugatake:20200723103108j:plain

夏の日差しを受けて、夏野菜のトマトなども熟します。

このトマトは、クッキングトマトとか、房のまま採りました。

f:id:yatsugatake:20200728132802j:plain

午後は野良回り、駐車場の仮払い除草‥。

埋まっていた竹の根っこに刃が引っかかってズレ、異常回転‥。

すぐに止めて締め直し‥、危ない危ない‥、冷や汗が出ました。

ジャガイモを数株掘って、野良土産にしました。

 

アメダス、最高気温は32,0度(16:26)、晴れたら一気に「真夏日となりました。

早朝の雨は、3.5ミリ(4:00)、0.5ミリ(6時)でした。

夜、「雷注意報」が出て空は曇り、「十一日」のお月さまも隠れてしまいました。

関東甲信地方の「梅雨明け」は、まだ先のようです。

 

「佐久の季節便り」、久しぶりの青空、「お月さま」は2週間ぶり‥。

夜中に目覚めたら3時半、水原弘の歌声が‥。

改めて、歌唱力に圧倒されて、しばらく酔い痴れました。

今朝も「濃霧注意報」、7時半、岩村田小学校・児童が登校していきます。

例年ならば、夏休みになっているはずですが‥。

アメダス、最低気温は19.2度(4:57)

台所・出窓の「キキョウ(桔梗)」の花に変化が観られました。

庭先に出て、雄しべが展開し花粉が見える、同様な花が見つかりました。

f:id:yatsugatake:20200729085559j:plain

昨日の写真と見比べてみてください。

さて、雌しべはどうか‥、明日のお楽しみです。

庭祭のオニユリ(鬼百合)」が、見頃になっています。

例年より10日ほど早いようです。

「盆花」の定番、「お盆」まで持つかが心配です。

f:id:yatsugatake:20200730080052j:plain

10時を回った頃、日が差し始めました。

気にかけていた「大豆」株回りの除草、今日こそは‥と実行しました。

刈払機の刃を小さい盤に替えて、株間の除草‥、しかし、10株ほど犠牲になりました。

f:id:yatsugatake:20200730120456j:plain

午後は、佐久市立中央図書館へ‥資料を借りに出かけました。

玄関を入り、先ず来館者が少ないな‥と感じました。

それと、椅子という椅子がすべて撤去されていてびっくり‥。

小諸図書館から相互貸借で用意された岩村田藩略年譜』、コピー依頼の書類を書くのにも大変でした。

入道雲が沸き立ちましたが、結局、夕立はありません。

大相撲、結びの一番で、郷土力士・御嶽海が横綱白鵬を見事に破りました。

 

久しぶりに期待の水無月十日」のお月さま、雲間に姿を見せてくれました。(18:55)

「皐月二十五日」のお月さま以来、お月さまとは、2週間ぶりの出会いです。

f:id:yatsugatake:20200730185540j:plain

アメダス、最高気温は28.6度(14:19)、日照があり「夏日」になりました。

 アメダス、今日の雨量、0.5ミリ(9時)の記録がありました。