「佐久の季節便り」、「雨水」が終わり、草木萌動(そうもくきざしうごく)…。

3月に入って、二十四節気・「雨水(うすい)」は、早くも最終日になりました。

先日のお湿り…、今日は「乾燥注意報」に逆戻り…。

アメダス、最低気温は氷点下2.3度(5:10)、日中は風もなく、気温が上がる予報です。

今日は、「さくのわ花物語」・運営委員会の3月月例会で出かけました。

道中、JR小海線跨線橋わあきに立つ「枝垂柳(しだれやなぎ)」の木全体が、黄緑っぽく見えます。

「七十二候・第3候」の通りですね、啄木の歌も思い出されました。

家の、「ピンクネコヤナギ」の花穂・雄しべの花粉も見えます。

f:id:yatsugatake:20210304150455j:plain

「ひろば」の花壇には、ヒアシンスやクロッカスの花が観られました。

「ミニ水仙」や「ムスカリ」の花も、もうすぐです。

もちろん、「満作・万作」や「臘梅・蝋梅」の花は、今が見頃です。

会議は、7日(日)に開催予定の「第5回小学生駅伝大会」の最終準備をしました。

5月に開催予定の、「ピクニックフェスタ」の基本計画も…。

 

予報通り、日中は厚いくらいの陽気になりました。

庭先には、「箒草・コキア」の芽がびっしりと…、赤い絨毯のよう…。

いよいよ春の到来を、実感させます。

f:id:yatsugatake:20210304122255j:plain

農家の店・「大地」で、接ぎ木用のテープ・「メデール」を求めました。

「柿」や「林檎(りんご}・「杏」など、楽しみながら、挑戦してみます。

 

帰宅して、BSにチャンネルを回したら、「北米・イエローストーン躍動する大地と命」…。

 ずっと以前に訪れ、間欠泉や大草原など、実際に観た情景がよみがえりました。

f:id:yatsugatake:20210304164407j:plain

f:id:yatsugatake:20210304164136j:plain

アメリカバイソン」は、確かバッファロー」の呼び名も…。

近くで観ると、その大きさにビックリ…。

はるか彼方に、砂塵が巻きおこり…、群れが大暴れしていました。

「エルク」も近くで観ると、意外に大きく、立派でした。

傷を負った「エルク」「狼」の群れが、知能的な方法で狩る…。

これが、自然界の掟(おきて)というか宿命なんですね、身につまされました。

雪解け・増水の流れにのまれ、必死で岸に上がった「エルク」…、胸をなでおろしました。

各地に大規模な山火事の跡が…、雷が落ちて出火…、国立公園では消火活動はせず、燃えるに任せるとか…。

アメダス、最高気温は11.8度(14:05)、春本番を思わせました。

明日は、また天気下り坂…、雨予報も出ています。

「佐久の季節便り」、令和3年3月3日・「ひな祭り」は、寒い一日…。

昨日は、雨が雪に変わり、予報通り、「気温はジェットコースター」のようでした。

昨夜、軽トラの荷台には、ずかに積雪が…。

空には、「十九日」のお月さまが、明るく照っています。

f:id:yatsugatake:20210302214107j:plain

今朝の気象情報、佐久地方は、久しぶりに「濃霧注意報」…。

冬型の気圧配置、浅間山」には「雪雲」がかかっています。

アメダス、最低気温は氷点下3.2度(6.42)、昨日との温度差が身にこたえます。

朝いち仕事は「埋め立てゴミ」出し…、まとめる時、冷たい西風が吹きつけました。

昨夜、テレビ・うたこん・みんなのうた60年 堺正章が「北風小僧の寒太郎」を歌いました。

f:id:yatsugatake:20210302202854j:plain

佐久地方では、冬の寒風はだいたい「北西」〜「西」の風です。

作詞:井出隆夫山川啓介 作曲:福田和禾子  

立科小学校の校歌もこのコンビによって、「風」が歌いこまれていますf:id:yatsugatake:20170728154016j:plain

 

朝のテレビで、「ひな祭り」に飾る菱餅(ひしもち)」の色順を説明していました。

「桃の節句」とも呼ばれ、「桃(もも)」の花が飾られています。

促成栽培と思われる花は、寒そうです。

 「新暦」で祝う「ひな祭り」は、気候からも無理がありますね。

以前、信州では、4月3日・「月遅れ」によって、行っていましたが…。

商業主義にのせられて、いつの間にか「新暦・ひな祭り」になってしまいました。

本来、「旧暦・弥生三月三日」に行われたものです。

今年は、新暦・4月14日ですから、その頃には「桃」の花も咲くことでしょう。 

f:id:yatsugatake:20210303074135j:plain

日中も、日照がありながら、なかなか気温が上がりません。

昨日との温度差が、後期高齢者の体にこたえます。

裏道わき花壇の土起しをすると、ちょっぴり体が温まりました。

昨日の環境整美作業で採ってきた「黄烏瓜(きからすうり)」の果実・種子です。

春には、種まき、苗を育ててみます。

f:id:yatsugatake:20210303120847j:plain

アメダス、最高気温は5.2度(15:16)、最大風速は西の風4.8メートル(7:10)でした。

明日は、日中も暖かくなる予報です。

「佐久の季節便り」、今年も始めた、地域の「環境美化」活動…。

気象予報士は、「今日の気温変化は、ジェットコースター…」と、警告しました。

外に出ると、辺りはしっとり曇り空…、春らしい朝です。

昨夜・「十八日」のお月さまは見えません。

アメダス、最低気温は6.7度(0:03)、異常に暖かい朝です。

気温分布は、日付が替わって上がり放しです。

朝一仕事は、「容プラゴミ」出し、ステーションには、ゴミ袋の山…。

この様子を見ても、「プラスチックゴミ」は大問題ですね。

庭先の福寿草(’ふくじゅそう)」は、すでに、葉っぱが展開し始めています。

花も閉じて、まったく別の植物のようですね。

f:id:yatsugatake:20210302125513j:plain

午前中、上の城区のボランティア・有志が、国の天然記念物・岩村田ヒカリゴケ」周辺環境美化作業を実施しました。

新年度の開始雨、緊急的な作業として、計画されました。

梅の木の枝払い、用水浚い集められた土砂の山を広場全体に均しました。

f:id:yatsugatake:20210302101557j:plain

土砂の中には、「お宝」ならぬ、いわゆる「埋め立てゴミ」が、ザクザク…。

まとめると、指定のゴミ袋・5袋にもなりました。

これらのゴミは、崖などに不法投棄され、用水へ流れ落ちたものと考えられます。

f:id:yatsugatake:20210302101615j:plain

佐久市には「ポイ捨て防止条例」が、平成22年度に、制定されました。

その3年前に、岩村田小学校児童が条例制定の陳情して、実現した経過があります。

その後、この条例が十分に機能しているのでしょうか…。

当の児童も、「子ども議会」で、施行後の実情について質問しました。

条例制定後10年、まだまだ問題があるようです。

佐久市が、美しい町であるように、地域住民の意識改革と、環境美化活動が求められています。

 

城址の崖に群生している「篠竹」を、「理科教材」・「空気でっぽう」製作材料に、採取しました。

このような「地域素材の教材化」は、環境保全のためにもなる活動であると、思われます。

f:id:yatsugatake:20210102115006j:plain

心配された雨は、午後に降り始め、そのうちに「雪」に変わりました。

乾燥注意報の続く中、ありがたいお湿りになりました。

アメダス、最高気温は18.0度(10:27)、雨量は、13.5ミリ(14〜19時)。

夜更けても、強風が吹き荒れて、「十九日」のお月さまは見えません。

「佐久の季節便り」、「佐久の花と緑の花物語」♯1「春を待つ草木たち」を放映…。

朝6時、ラジオの気象予報士は、「西空に、十七日の月が美しい…」

早速、新聞を取りに出て西空に目を向けました。

同じ月を、別の場所で、同時に見つめている…、連帯感がいいですね。

f:id:yatsugatake:20210301061146j:plain

2階の窓を開けて、撮りました。

まだ、明けきらない空に、明るく輝いています。

f:id:yatsugatake:20210301061228j:plain

アメダス、最低気温は氷点下5.9度(5:12)、日中は気温が上がる予報です。

朝イチ仕事・「可燃ゴミ出し」は、収集車が来てから、手渡しでセーフ…。

昨日の写真で、見えにくかった「湯ノ丸山」(2101メートル)に、望遠レンズを向けて撮りました。

丸い山頂は、まさに、その名のとおりです。

f:id:yatsugatake:20210301093927j:plain

手前の稜線、地図と照らし合わせると、その山は「三坊ヶ峰」と考えられます。

スキーやレンゲツツジを観に、その周辺には何度か訪れました。

 

佐久ケーブルテレビで、今日から新コーナーが、放映されました。

先日、ひろば・「賢治ガーデン」で取材・編集された番組です。

f:id:yatsugatake:20210301181239j:plain

内容は、冬の寒さに耐えて、春を待つ、草木たちの戦略・知恵…。

具体的には、トチノキやホオノキ、オニグルミなどの「冬芽」。

また、それらの「葉痕・葉印」

放送内容の一部を紹介します。

「ホオノキ」の「冬芽」は、賢治童話:「雪渡り「封蝋細工のように…。

冬芽の触感はつるつる…、ネバネバの「トチノキ」とは、まるで違います。

f:id:yatsugatake:20210301181714j:plain

蝋細工、『賢治童話ビジュアル事典』監修:中地 文 

 ほおの木の芽 賢治が封蝋細工に見立てた「ほおの木の芽」は、実は赤くはありません。写真のようにしぶい茶色、しかし、固められたような質感や光沢が、賢治には封蝋細工のようにくっきりと見えていたのですね。

その後、何回か再放送がありました。

 

今日は、昨日より気温が上がりました。

野良周りで、試しに、溝掘りをしてみました。

ハス田の畦シートを、一部、外しました。

食用・桑の木を、移植しました。

畑に回って、深く掘った畝に、落ち葉や藁・野菜くずを放り込みました。

クリーンユーキを掛けて、しばらく腐蝕化を促します。

 

アメダス、最高気温は16.6度(13:20)、異常な気温上昇です。

明日は、お天気下り坂…、乾燥注意報が続く日々、そろそろお湿りがほしいです。

「佐久の季節便り」、「浅間連峰」が、快晴の空にくっきりと…。

居間に降りると、温度計は8度…、「ずいぶん下がったなー…。」

アメダス、最低気温は何と、氷点下10,2度(5:31)、氷点下二桁とは、、予報も外れました。

風も無く、「放射冷却効果」が働いたんですね。

今朝は9時から、ボランティア仲間の呼びかけで、岩村田城址・見晴台(仮称)」から、眺望を撮影する計画です。

願ってもない撮影日和になり、早速始めました。

35ミリで、浅間連峰三分割で撮りました。

「三重式火山・浅間山、「黒斑山」「剣ヶ峰」「前掛山」などの外輪山旧火口・仏岩寄生火山・石尊山が正面から…、残雪の具合もいいあんばいです。

現在は活動期でなく、噴煙は上がっていません。

中景には、浅間山から湯川の侵食・断崖が、古い時代の山城・王城も…。

f:id:yatsugatake:20210228091340j:plain

西方には、「篭ノ登山」「三方ヶ峰」、上田・小県のシンボル・「烏帽子岳まで連なっています。

よく観ると、手前稜線の奥に、湯ノ丸山」・冠雪の頂きが覗いています。

f:id:yatsugatake:20210228091411j:plain

東方には、長く引いた裾の先に、寄生火山「小浅間山が…、「離山」の頂きも…、更に前には、「平尾富士」の山麓が見えます。

f:id:yatsugatake:20210228091443j:plain

いずれ、一面にまとめた「説明版」を作り、浅間連峰」・山々の「眺望」を楽しんでもらう計画です。

撮影後、カメラ屋でプリントし、ボランティア仲間の担当者には、SDカードを渡して、「説明版」作りを進めてもらうようにお願いしました。

 

途中で、「ひろば」によると、駐車場も満杯の大賑わい…。

家族連れは、全員がマスクを着用、三密を避けているようなので、先ずは、安心です。

「満作・万作」が、今が満開、見頃です。

異様な、黄金の花は、まさに、「豊年満作」の願いを込めて…。

1個の花に注目…、4枚の縮れた細い花びらは、「金縷梅(きんるばい)」の由来に…。

花柄には、中合わせに2個の花が着いています。

決まり良い、几帳面な花…、ちょっと意外な、これも観察の楽しみですね。

f:id:yatsugatake:20210228115540j:plain

アメダス、最高気温は、14.2度(13:10)、4月下旬の陽気とか…。

2月にしては、異常な陽気でしたが、春近しを感じさせました。

明日からは3月、まだ寒い日もあるし、春のドカ雪も…。

油断せずに、暮らしましょう。

「佐久の季節便り」、旧暦・「お正月の満月」を楽しむ…。

夜通し、風が吹き荒れていて、ふと目覚めました。

ラジオを点けると、ラジオ深夜便・4時台…。

聴いていると、何と水谷豊さん、あの「相棒」の…。

声だけ聴いていると、映像・シーンは浮かびませんね。

映像にばかり頼ってはいけない…、聴覚の大切さを思いました。

5時になったところで、西空に、昨夜・「十五日」のお月さまを観ました。

月の出から約10時間が経って、兎さんも逆立ちしています。(5:04)

f:id:yatsugatake:20210227050455j:plain

アメダス、最低気温は、氷点下3.4度(6:26)、風が吹いている割には冷え込みました。

 

今日は、旧暦・正月十六日…、新年になって、雪がほとんど降りません。

「暖冬」にしても、異常気象かも知れませんね。

昨日、「リギダ松」の葉に、わずかに積雪が…。

f:id:yatsugatake:20210226111744j:plain

新年の積雪からは、『万葉集大伴家持の歌が、思い浮かびます。

新(あらた)しき年の始めの初春の今日降る雪のいや頻け吉事

雪が少ない佐久地方にも、冬らしく雪が降ってほしいですね。

 

日中、日差しがありながら、気温が上がりません。

それでも、運動がてら野良仕事に…。

半熟成堆肥を入れるために、スコップで「畝」を深く掘り上げました。

体も温まり、いい運動になりました。

5時、八ヶ岳が夕焼け空に…、軽トラのライトを点灯して引き上げました。

 

今夕、十六夜の月」が満月です。

月齢:15:3、望(ぼう)の時刻:17:17  (『月暦』 )

バッチリ、真ん丸お月さまが観られる、チャンスです。

月の出時刻:17:31(長野)、約30分後、山の端から出ると予想されました。

予想はピッタリ…、平尾山・山の端が輝きました。(18:01)

f:id:yatsugatake:20210227180108j:plain

半分出て、全部出るまで、時間は2分半ほど…。

f:id:yatsugatake:20210227180154j:plain

「望」をわずかに過ぎた、「満月・真ん丸お月さま」です。(18:04)

f:id:yatsugatake:20210227180433j:plain

我が家の2階・ベランダから観て、平尾山から昇りました。

まるで花札・月の出シーン…、今夜は、満月を堪能・満足しました。

f:id:yatsugatake:20210227180300j:plain

アメダス、最高気温は3.9度(15:05)、風が冷たく体感温度は上がりませんでした。

明日は、快晴の好天気の予報です。

「佐久の季節便り」、旧暦・「正月十五日」、日照無く小雪が舞って…。

6時半、外に出ると、曇り空に冷んやりした空気…。

「今日は何の日」で、二・二六事件昭和11年は、今から80年以上も前の大昔…。

日本の国にも、こんな大事件があったことを、決して忘れてはいけません。

ラジオの「お天気の下り坂…」を聞いて安心…、二度寝に入りました。

起き出したら、すでに9時を回っていました。

アメダス、最低気温は氷点下3.6度(1:34)、日中も日照が無い予報です。

新聞の一面に、発生5日目不安続く 足利山火事

〜21日発生した山火事は25日も延焼が続いた。同市今福町では焦げ臭いにおいが漂い、上空から自衛隊や消防のヘリが消火活動を続ける様子を住民らが心配そうに見つめていた…。

昨日付け「編集手帳」、続きを引用します。

〜燃え広がるばかりの現場は市街地に近く、住民に避難勧告が出ている。ヘリからの消防活動が続いているが、消防車が入れず不燃建築物もない山の中の火勢は手ごわい。国をあげ支援に取り組んでほしいと考えたとき、消防や防災を所管する省の名が浮かんで腹立たしくなった。接待問題に大わらわの総務省である◆“火消し”の種類と順番を間違えないよう。

これは、皮肉たっぷりのご指摘です。

 

山といえば、春を待つ、昨日の「賢治ガーデン」、樹木の様子です。

「朴(ホオ)の木」、冬芽(とうが)「葉痕」を御覧ください。

宮沢賢治の童話雪渡りに、「冬芽」「封蝋細工に見立てられて、登場します。

〜赤い封蝋細工のほおのj木の芽が、風に吹かれてピッカリピッカリと光り、林の中の雪にはあい色の木の陰がいちめん網になって落ちて、日光のあたるところには銀のゆりが咲いたように見えました。

幻想的ですね、実際は赤くは無いのですが、賢治には、質感や光沢が封蝋細工のように見えたんですね。

雪原をバックにしたら、確かに、美しさは倍増するでしょう…。

青空でも、これだけですから…。

f:id:yatsugatake:20210225115707j:plain

まさに、天を衝くような枝ぶりを撮ってみました。

全ての冬芽が展開して、大きな葉で覆い尽くされる様子が、目に浮かびます。

先日、SCTの取材にも、「朴葉餅」を包む大きな葉について、話題にました。

来週の放映が、が楽しみです。

f:id:yatsugatake:20210225115615j:plain

午後の民放テレビ、「足利の山火事」が、実況放送されました。

建築物の火災とは、勝手が違う大変さを報じていました。

ヘリの散水は、直接消火というより、住宅地への延焼を防ぐためのもの…。

ホースを長く繋いで山中に分け入る様子…、早い鎮火を…、と祈るばかりです。

f:id:yatsugatake:20210226142515j:plain

気象情報で、各地の湿度を告げていました。

岐阜では7%…、周囲の県も1桁…とは驚きでした。

我が家・居間の湿度計が32%…急いで洗濯物を部屋干しに…。

 

今夜、「十五日」のお月さまは、薄雲を透かして、ほんのり「朧月」でした。

f:id:yatsugatake:20210226192818j:plain

アメダス、最高気温は3.9度(15:05)、日照の無い、底冷えのする一日でした。