「佐久の季節便り」、西空低く沈みゆく、「昨夜の満月」と「火星」…。

4時ごろに目覚め、西の窓に近寄りました。

「月明かり」を期待していたのですが、残念!雲が広がっているようです。

6時を回って、ラジオを点けると、気象予報士が、今、西空に残る「満月」と「火星」を見たと、話しました。

もしかして…、と、新聞を取りがてら、西空に目を向けました。

ラッキー!!「昨夜の満月」がほんのり見えています。(6:29)

「火星」は赤色に…、ランドネットの上に…、今にも西空低く沈みそうです。

アメダス、最低気温は氷点下3.2度(6:27) 、日中は気温が上がる予報です。

玄関わきの「鈴蘭(すずらん)」の葉霜枯れ赤い実萎んでしまいました。

枯れた葉も実も有毒なので、扱いに注意が必要です。

賢治童話・貝の火に、兎のホモイ赤い実を集めるシーンがあります。

兎の赤い目と鈴蘭の有毒な赤い実…、何かの関係がありそう…。

読売新聞 コラム・編集手帳 一部を引用します。

残り一枚になった壁掛けのカレンダーを眺めていて、しまったと心のなかでつぶやいた。その日が来たら書こうと思っていたことを、すっかり忘れていた◆去る12月2日と3日はカレンダー史上、もっともややこしい関係にある。明治初期の両日をまたぎ、太陰暦から太陽暦に移行した。ちょうど150年前の1872年(明治5年)12月2日の翌日が突然に、1873年1月1日に改められた◆カレンダーの語源は諸説ある。まずはラテン語のカラレ。叫ぶという意味だという。

古代ローマでは帳簿をカレンダリウムと呼び、いつしか暦に転じたとも言われる◆(以下略)

この移行には、人々は大いに面食らったことでしょう。新年までに残った間の、消えて無くなった日々はどうなったんでしょうか?

得をした人、損をした人…、どうでもいい人…」

『夜明け前』にも、確か、当時の人々の戸惑いの叙述がありますね、

 

夕方に、野良回り…。

冬景色の田畑…、夕日八ヶ岳連峰の山々を照らします。(16:28)

何の煙だろう?気になるなー。

「日の入り時刻」は16:31(長野)、一昨日あたりから遅くなっています。

それだけでも、ありがたいですね。

「日の出時刻」も、まだ遅くなり続けるので、朝起きは大変です。

アメダス、最高気温は11.0度(14:58)、日中は暖かでした。

「佐久の季節便り」、「西洋ヤドリギ」は、自然の恵み・「ひろば」の宝物…。

二十四節気:「大雪(たいせつ)」に入って、二日目の朝です。

内陸の佐久地方は、雪は降らず、厳しい冷え込みになります。

アメダス、最低気温は氷点下3.5度、予報の0度をかなり下回りました。

よく晴れて、放射冷却」の効果が働きました。

佐久ケーブルテレビの取材、10時の約束で「市民交流ひろば」へ急ぎました。

12月はクリスマスの月…、というわけで、先ず「西洋ヤドリギを紹介しました。

宿主の「花海棠(はなかいどう)」が落葉し、大きな鞠(まり)のように目立って見えます。

宮澤賢治は、この不思議な植物に関心を持ち、作品に登場させています。

近年、ヤドリギ属・「西洋宿木」は、めっきり数を減らしています。

どうやら、マツブサ属・「穂咲きヤドリギに駆逐されているように思われます。

近くで手に取るように観られるのは、本当にラッキーなことです。

「ひろば」の「花海棠」に着生し生育中…、まさに自然の恵み・「ひろば」の宝物と言えます。

北陸新幹線の列車の窓からも見えるんですよ。

先日、あさま号・長野行きで、確かめました。

対生する2枚の葉を、賢治は「トンボのはね」に見立てています。(「若い研師」)

賢治は、もう一つの国への飛行願望を見ているようです。(『宮澤賢治・花の図誌』)

万葉集』:「ほよ」の名で呼ばれ、一首が載ります。

あしひきの 山の木末(こぬれ)のほよ取りて かざしつらくは 千年寿(ちとせほ)くとそ

越中国守 大伴家持が正月二日に詠んだ歌です。

古代ヨーロッパ:再生をもたらす神聖な木、北欧では光の新生を願う儀式があります。

また、クリスマスから新年にかけて、ドアに宿り木の束を吊るして、家内安全を祈願します。

「恋人たちが宿り木の下でキスをすると永遠に結ばれる」という言い伝えも、広く知られています。「魔除け・幸せの木」

 

「ひろば」の「蔓・匍匐性琴音アスター」は、今、赤い果実を着けていて、「クリスマスリース」作りに最適です。

コニファー類の枝葉や、木の実もよく使われます。

◎どうか、お出かけの上、「自然食性」と手作りの「クリスマス飾り」をご覧ください。

 

さて、12月8日は、81年前「真珠湾攻撃」の日です。

日本人でも、知らない人がほとんどでしょうね…。

「パールファーバー」ニイタカヤマノボレなんて、なおさらのことでしょう。

読売新聞コラム・編集手帳 引用します。

サッカーのワールドカップ(W杯)で今大会の日程が決まった頃のこと。もしかして「勝った、勝った」と連呼する日が、かさなるのではと考えたのを思い出す◆きょう12月8日は旧日本軍が米真珠湾を攻撃した日である。若者を戦地に駆り立てた悪夢の日なのに先々を見通せず、列島が先制攻撃に沸き返ったことは歴史の一ページに刻まれている◆俳人の大牧広さんが戦争を老いの境地で詠んだ句集『朝の森』にある。<開戦日が来るぞ渋谷の若い人>。作者は3年半前に亡くなられている。念頭に置く光景はW杯というより、近年のハロウィーンの騒ぎだろう◆短い字句ながら、復唱すると、開栓日がまるで頭にないことへのい説教のようにも、若い人が戦争で命を投げ出さずにすむ平和を慈しんでいるようにも聞こえる。とはいえ、今年が説教として耳を傾けたい気持ちになることが多い。人類は歴史に何一つ学べないのか、と嘆いtいいほどの悲惨な戦争が起こった◆議会が力を失い、外交が大局観を失い、自由な言論が失われると何が起きるか。原爆や終戦の日と同じく、記憶を新たにしていい日だろう。

 

今夕、期待の天体現象は、「霜月十五日」」の満月と、火星の接近です。

月のおで時刻は、16:22(長野)と意外に早い時刻です。

16時半を回って、しばらく民放テレビを見ていたら、長野市で月の出が…放映されました。

2階のベランダで待つことしばし、5時少し前に、平尾山に昇ってきました。

55ミリレンズとスマホの5倍撮影をしました。

画像を見ると、近くに「火星」も写っていました。

スマホのラインやメッセージで、知人に知らせました。

毎年、観ている「霜月二十日」・豆太の月の観望を呼びかけました。

それと14日の「双子座」流星群の観望も、呼びかけました。

どちらも、乞うご期待!!です。

 

アメダス、最高気温は10.8度(13:26)、意外に暖かい一日でした。

明朝の冷え込み、予報は氷点下3度の予報です。

しかし、放射冷却が効くと、氷点下5度にまで下がりそうです。

「佐久の季節便り」二十四節気:「大雪(たいせつ)」七十二候・「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」…。

二十四節気:「大雪(たいせつ)」に入りました。

「雪」こそ降りませんが、季節は暦通りに進んでいるようです。

アメダス、最低気温は氷点下1.3度(7:01)、久々の氷点下、日中は気温が上がるでしょうか。

朝日が久しぶりに差し、浅間山も見えています。

新聞を開くと、一面トップ見出しは 日本惜敗 8強逃す 若き代表前を向く 対クロアチア PK戦の末

写真には 初めて2大会連続で決勝トーナメントに進出し、前回大会準優勝のクロアチアと120分に及ぶ激闘の末、PK戦で敗れた日本代表(5日、アルワクラで)

編集手帳 一部を引用します。

〜ー新時代の到来を告げる変身だったのではないか。森保ジャパンの戦いが終わった◆サッカーのワールドカップ(W杯)史上初の8強はならなかったものの、残した感動はあまりある◆底力の向上もさることながら、選手たちは試合中にも変身した。ドイツ・スペイン戦の後半は、押されっぱなしの前半からのめざましい逆転劇だっった。時に陳腐にも聞こえる「勇気を出せば何でもできる」といった言葉を、現実にしてくれたことがうれしい。緑のピッチから元気がもらえた。たくさんお国民が感謝の思いでいっぱいだろう◆クロアチア戦は悔しい。延長とPK戦のすえ、うちひしがれたように泣いた選手もいた。さあ4年後、もっともっとメタモルフォーゼしようぜ。

総合面 社説 W杯日本敗退 新時代を開いた選手たち

森保一監督は敗退後、「世界に勝っていけるという『新時代』を見せてくれた」と選手を称えた。海外で技術力や精神力を磨いた選手たちが、世界で戦えるレベルになったことを証明してみせた。

 今大会は、日本と韓国、豪州のアジア勢3か国が16強入りを果たした。世界のサッカー界をリードしてきた欧州や南米との実力差は縮まりつつあるのではないか。(以下略)

スポーツ欄 近くて遠い8強 競合に2翔勲章

前田先制弾 追加点奪えず クロアチア粘り健在 「信念上回った」 浅野出し切った

試合巧者ぶり相手に軍杯 カウンター 警戒され不発

社会面 卒論でドリブル研究 三笘「求道」続く

次こそ壁越えて 家族、恩師ら「胸を張ろう」

昨日のYouTubeに、「森保監督」を讃える記事がありました。

日中は、予報ほどは晴れません。

暦通りの空模様です。

糸瓜(へちま)」の処理を続けています。

漂白剤の効果にも、感心しました。

2023年版「なないろ」カレンダー お世話になった方にお届けします。

明日は、佐久ケーブルテレビの取材があり、お渡しします。

アメダス最高気温は112度(14;32)、最大風速は西南西の風4.5メートル(7:01)

気温の割には、底冷えを感じた一日でした。

「佐久の季節便り」、「クリスマス飾り」が、早くも「佐久市民交流ひろば」に…。

「残念、クロアチア戦に敗れ、8強には届かず!!」 知ったのは、早朝の3時半…。

abnテレビに録画予約をして、就寝しました。

途中に目覚め、枕元のラジオを点けると、前田のゴールにより、1対0で先制…。

延長戦前半終了までを聴きました。

後半は…、「果報は寝て待て…」と、運を天に任せ、ラジオを切りました。

でも、気がかりなんですね、また、目覚めてラジオを点けました。

ラジオからは、小林幸子の「嘘つき鴎」が流れています。

「いけない、もう終わったんだな」

急いで、階下に降りて、テレビを点けると、クロアチアの選手「次の対戦チームは…」と喋っています。(対ブラジル戦について)

「これは負けたな…」

録画を再生すると、PK戦1:3で敗れたことを知りました、

悔いはありません。みんな、よく頑張りました。

感動をありがとう!!夢をありがとう!!

 

7時を回って起き出すと、「白銀の浅間」を「白雲」が覆っています。

アメダス、最低気温は1.1度(6:40)、日中は暖かくなりそうです。

今日は、植栽ボランティアチーム・「なないろ」・今シーズンご苦労さん会です。

「ひろば」に飾られたクリスマスリースも話題になりました。

そのうちの1基です。

中景・高架をJR小海線が通過しています。

遠景・「白銀の浅間山は雲を被っています。

クリスマスリース」材料に最適、赤い実を着けた蔓性の「コトネアスターです。

こちらは「西洋ヤドリギ」の鞠、そのまま「クリスマス飾り」です。

冬に枯れない宿木は、生命力の象徴賢治の大のお気に入りです。

トンボの翅のように、空に飛び立つ姿…、これもいい!!

アメダス、最高気温は13.1度(13:40)、暖かい一日になりました。

「佐久の季節便り」、「光ケーブル」に交換敷設工事、雪雲の中で…。

ラジオ深夜便・3時台…、舟木一夫の「高校三年生」が流れました。

続きを聞くことなく、朝を迎えました。

佐久地方には「濃霧注意報」、どんより曇り空で、辺りは見えません。

アメダス、最低気温は0.2度(6:52)、日照は無い予報です。

読売新聞 一面見出し コロナ禍困窮改善支援 家計簿や職探し自治体義務に 厚生省法改正へ 「特例貸付」返済難を懸念

初の8強へ士気高く 日本深夜クロアチア戦 

Qatar2022 6日午前0時日本・クロアチア戦 読売新聞オンラインで速報

スポーツ クロアチア運動量と堅守 モドリッチ極上右アウト

 

今日は、「ケーブルテレビ設備改修工事のご案内」のように、工事をしていただきました。

今日は、テレビの切替工事で、インターネットの切替工事はしませんでした。2011年3月11日と言えば大震災当日、その時に配線工事をして以来、光ケーブルの交換敷設工事なのです。

画面左端の「パラボラアンテナ」は、不要になるそうです。

何だか信じられない、「技術」の進歩ですね。

日中、気温が上がらず、雪が降りそうで、底冷えがします。

気象予報士は、「しけびえ」と表現…、漢字で書けば「湿気冷え」でしょうか?

裏道わき花壇の「源平枝垂花桃」幹の手入れをしました。

樹液が固まり、瘤状になった部分を切り取り、「癒合剤」を塗りました。

来春、「旦・丹過(たんが)花桃街道」の景観が楽しみです。

保育園フェンス前に、「葉牡丹」と「パンジー」のポット苗を植え付けました。

こちらも、春花壇の開花が楽しみです。

 

夕方のテレビで、認知症」に関する興味深い放送がありました。

アメダス、最高気温は4.5度(14:27)、底冷えする寒い一日でした。

「佐久の季節便り」、カーポートの車・「フロントガラス」に、霜の花が…。

今朝も、グランドは真っ白に、強い霜が覆っています。

二日連続、氷点下の厳しい冷え込みです。

アメダス、最低気温は、氷点下3.0度(4:26)、冬型気圧配置で、日中は晴れる予報です。

屋根の「降霜」が融けて、音を立てて雨樋を流れています。

カーポートの「軽トラ」・フロントガラスに、「霜の花」が…。

点灯したライトが、内側から「霜の花」を美しく照らしています。

今日の新聞にも、サッカー勝利の感動冷めやらぬ記事が並んでいます。

スポーツ欄 記者席@東京 「ブラボー」もっと聞きたい

「ブラボー! ブラボー!ーー。W杯で金星を挙げるたびに日本代表の長友佑都(F東京)が取材エリアで発するイタリア語の掛け声は、おなじみとなった感がある、例年通りW杯が6〜7月に開かれていたらきっと、先日発表された「新語流行語大賞」にノミネートされていたに違いばい、(中略)

 「コミュニケーションの達人の長友は、イタリアですぐに打ち解け、SNSなど仲間から愛されている様子が伝わってきた。16年に女優の平愛梨さんとの交際を明らかにした際の「アモーレ(愛する人)」という小粋な表現を覚えている人は少なくないだろう。今も熱戦を終えた試合後にさらっと出てくるあたり、イタリア語を見事にものにしたようだ。(以下略)

社会面に 森保Jへ感謝のエール Qatar2022  

地震時宿泊「気配りの人」 札幌のホテル支配人

〜余震を怖がる多くの宿泊客らが1階ロビーなどに集まった。大勢の人が床に座り込み、不安な夜を過ごしていた。

 その状況を案じたのが、森保監督だった。「他の宿泊客の方々は大丈夫ですか」「代表チームだけを優先しないでください」と、ホテルのスタッフに何度も伝えてきた。ホテル側は、日本代表の練習や試合用に確保していた数百枚のバスタオルを宿泊客に貸し出し、床に座る際の座布団代わりなどにしてもらった。(以下略)

 

冬晴れで日差しが差し込み、部屋は、春のように暖かです。

早速、冬越し実験中の「さつま芋・葉」の日光浴です。

ちょうどテレビで、「ストップ地球温暖化」サツマイモに期待 


今日は、専門業者による「シロアリ防除」の工事がありました。

床下の木材に、薬剤注入などをしてもらいまいました。

アメダス、最高気温は12.1度(13:17)、意外に気温が上がりました。

「佐久の季節便り」、「クリスマスリース」の材料には、蔓性「コトネアスター」を…。

今朝は、予報通り厳しい冷え込みです。

窓を開けるとびっくり、見下ろしたグランドは、強い霜で真っ白です。

アメダス、最低気温は氷点下4.7度(6:02)、今シーズン一番の冷え込みです。

 

読売新聞一面トップ見出しは、日本逆転 決勝T スペインに2ー1首位通過 

ワールドカップ カタール 2022「新時代」」初の8強

総合 社説 サッカーW杯 世界を驚かせた二つの大金星 一部を引用します。

 サッカーの強豪国に挑み。果敢なプレーで16強をもぎ取った。鮮烈な逆転劇を2度も演じた「森保ジャパン」の強さに、世界が驚かされた。〜

 2試合とも、日本は前半に先制点を奪われたが、その後、固い守備で追加点を許さなかった。後半は少ないチャンスを生かし、いずれも2点を取って逆転した。〜

 後半に新しい選手を次々に投入する戦術と、スピード感あふれるプレーがもたらした歴史的な勝利だと言えるだろう。〜

 世界の注目を集めているのは、チームだけではない。日本から渡航したファンが、試合後に会場でゴミ拾いをする様子がSNSを通じて評判になった。他の国のファンの間にも、日本の行動をまねる動きが広がっているという。(以下略)

スポーツ欄に 三笘「1ミリ」残した 決勝アシスト

ボールは球体空中で「ライン内」

 ボールは球体。設置面はピッチ外だが、中継映像では空中で一番外側の部分が12センチ幅のゴールラインの外側に接していたと見える。VARは様々な角度からのカメラ映像などで何度も「事実」をチェックしたのだろう。〜(以下略)

月の第一土曜日は、「さくのわ花物語」・「ひろば」運営委員会の月例会です。
クリスマスリース」作りが話題になりました。

蔓性の「コトネアスター・ダメリ」が、赤い実もあり、材料に適しています。

「ひろば」の植栽を紹介し、今年も活用をお勧めしました。

近寄って観ました。

蔓が、見事な円弧を描いていますね。

葉も緑色だし…。

午後は、冬越し用「大根」を、ビニールハウスに貯蔵しました。

地面に並べ、籾殻を掛け、更に毛布も掛けました。

さて、春までどの位が持つでしょうか?

 

アメダス、最高気温は13.9度(15:01)、日中は、思ったより暖かでした。