「佐久の季節便り」、「浅間山」が冠雪、よく晴れて、「満月」を観望…。

冷え込みはやや緩みました。

アメダス、最低気温は3.9度(6:30)、昨夜のポイント予報より、3度ほど低くなりました。

窓を開けると、浅間山」が冠雪、昨日の雨は高山では雪になったのです。(7:22)

f:id:yatsugatake:20191112072237j:plain

しっとりした朝、UEVC(上の城環境ヴォランティアクラブ)の活動日です。

9時から開始、「招魂社」裏の大土手を分担して、藪の不要な草木を切りました。

11時過ぎに作業終了、見晴台から「浅間連峰を眺めました。(11:20)

紅葉の季節もそろそろ終わり、秋深まる景色です。

f:id:yatsugatake:20191112112004j:plain

境内の、聖徳太子」碑前の「キチジョウソウ(吉祥草)、今年も11月には花が見られました。

「台風19号」による豪雨災害から一ヶ月、「吉祥」の名に肖りたい気持ちですね。

f:id:yatsugatake:20191112111828j:plain

今日、旧暦十月十六日は、「満月」(望/22:34)です。

朝のラジオで気象予報士が、「全国的によく晴れて、満月が観られます。」と、報じました。

新聞・「あすの暦」欄で、月の出時刻は16:47(長野)

山の分として約30分、17:15に2階のベランダで、「月待(つきまち)」…。

東の山の端、木々の間に光が…、荘厳な「月の出」の瞬間です。(17:26)

f:id:yatsugatake:20191112172626j:plain

この満月の前の月は、今朝早く、西の空にあったのです。

西空に沈みゆく満月前のお月さまも、荘厳です。(7:20)

f:id:yatsugatake:20191112051759j:plain

アメダス、最高気温は15.9度(12:37)、明日も好天の予報です。

 

「佐久の季節便り」、「佐久平駅」周辺も、紅葉が真っ盛りに…。

薄雲が広がり、冷え込みが緩みました。

アメダス、最低気温は4.8度(5:08)、午後には雨の予報が…。

昨夜に出し放しだった鉢花・「アザレア」に、朝日が当たりました。

隣の鉢「キンズ(金豆)」も、この程度の寒さには耐えました。

f:id:yatsugatake:20191111084307j:plain

佐久平駅内のFm放送局に、「草木は友だち」放送の録音CDをいただきに出かけました。
駅前植え込みコムラサキ(小紫)」の葉は、やはり一部が霜害を受けていました。

f:id:yatsugatake:20191111105113j:plain

次の写真は、霜害前、見頃の「コムラサキ(小紫)」です。

f:id:yatsugatake:20191026104425j:plain

隣の植え込みに近づくと、見事な紅葉が目に入りました。

f:id:yatsugatake:20191111105227j:plain

葉が落ち始めているので、見頃は、あと1週間ほどでしょうか。

歩道わきの「カツラ(桂)」の黄葉は、ほとんど落ちてしまいました。

今シーズンの紅葉・黄葉は、どうやら鑑賞期間が短かったようです。

佐久地方も、台風19号の甚大な被害で、紅葉鑑賞の気分も削がれました。

11月の放送準備で、岩村田城址の草木」の様子を見に行きました。

コムラサキ(小紫)」と比べ、野趣に富む在来種の「ムラサキシキブ紫式部)」…。

霜害を免れた緑の葉と紫色の実、出会えて感激しました。

f:id:yatsugatake:20191111111139j:plain

上の城区長さんの玄関わきの「ムラサキシキブ」、庭先に植栽の「ムラサキシキブ」も案内して下さいました。

山野に自生する種なので、一般の家での植栽は、ほとんど見かけません。

ルーツは不明だそうですが、岩村田城址に残る「ムラサキシキブ」のうちの一本だと信じます。

大気の状態が不安定、午後3時頃に急に降り始めました。

雨量は、5.5ミリ(15時)、結構なお湿りでした。

雨上がりも早く、夜には「十五日」のお月さまが煌々と輝きました。

望(満月)は、明日・十六日(22:34)とあります。

アメダス、最高気温は15.4度(11:36)でした。

 

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「 千曲川」の遥か遠く、裾に白雲の「浅間連峰」が…。

お宿の「海瀬館」・佐久穂町からの朝の景色です。

立冬」の寒い朝浅間連峰・麓には白雲が棚引きます。

千曲川」の清流が静かです。(7:48)

f:id:yatsugatake:20191110074831j:plain

佐久市アメダス、最低気温は0.9度(6:11) 、日中は晴れます。

また来年の再会を約して、解散しました。

帰途は旧道を通り、台風19号による被災状況を振り返ります。

大被害が出た青沼・入沢地区には、心からお見舞い申し上げます。

f:id:yatsugatake:20191108091609j:plain

常和(ときわ)地区に入ると、住民が用水や道路側溝の土砂を片付けていました。

稲田いっぱいにに流れ込んだ土砂、まだ手がつけられていません。

帰宅して午後、「カンナ」球根を段ボール・籾殻で保温し、部屋に取り込みました。

f:id:yatsugatake:20191109132807j:plain

午後3時から、「即位パレード」・「祝賀御列の儀」をテレビで拝見しました。

f:id:yatsugatake:20191110150325j:plain

アメダス、最高気温は14.2度(13:54)、素晴らしいお天気でした。

「佐久の季節便り」、「干し柿」、晴天が続いて仕上がる。

今朝は「浅間山」もくっきり見えて、また冷え込みました。

アメダス、最低気温は0.6度(6:56)、日中は小春日和か…。

縁側の「多肉植物にも朝日が当たっています。

妻の管理なので、早く部屋に取り込むように、催促しているのですが…。

f:id:yatsugatake:20191109132601j:plain

昨日、掘り上げた「カンナ」の球根です。

これも部屋に取り込まないと…、極端に寒さに弱いので…。

f:id:yatsugatake:20191109132807j:plain

午前の予約で、歯医者にかかりました。

空き地があれば、大豆や蕎麦の栽培を仲間で栽培したらどうかと勧められました。

仲間で収穫し、味噌作りやそば打ちをしたら、確かに楽しいですね。

今日も小春日和、晴天が続き気温も低いので、吊るし柿が飴色に仕上がりました。

f:id:yatsugatake:20191109132427j:plain

ところで、粉(こ)を吹かすにはどうしたらいいのでしょう。

これも、研究課題です。

アメダス、最高気温は13.8度(12:56)、風が無いので暖かく感じます。

これから、佐久穂町の「海瀬館」へ、年1回・恒例の仲間の会に出かけます。

台風19号による被害、高齢者の終活が、主な話題になるでしょう。

 

 

「佐久の季節便り」、「立冬」、急がれる草木の冬支度…。

早朝3時、なぜか目覚めてしまいました。

ラジオ深夜便は、島倉千代子の懐かしい歌声が…。

昭和30年は高校時代、街角に「この世の花」の映画看板…。

青春時代の思い出です。

「濃霧注意報」、「浅間山」がくっきり見え朝日が輝いているのに…。

二十四節気立冬、霜枯れが目立ち、辺りには冬の佇まいが…。

アメダス、最低気温は5.7度(6:42)、日中は気温が上がらない予報です。

「第二賢治ガーデン・景観形成作物水田」の「アキグミ(秋茱萸)」がたわわに赤い実を着けています。

生食は美味しいが、ジャムには加工しにくいのが難点です。

f:id:yatsugatake:20191106115915j:plain

「ひろば・賢治ガーデン」で、「カンナ」」と「ダリア」が霜枯れました。

大きな穴を掘り、「ダリア」の球根を掘り上げ、仮に埋め込みました。

「カンナ」は寒さに弱く、室内か「室(むろ)」でないと冬越し出来ません。

落葉樹が葉を落とし始めました。

「ギンドロ(銀泥)」・落ち葉は散らかるので、前もって枝払いをしました。

急に強い霜が降りたので、美しい黄葉が見られず残念でした。

f:id:yatsugatake:20191108114635j:plain

今日も讀賣新聞・長野版 一部を引用します。

区長 独自に「避難命令」 台風19号で佐久・入沢

早い判断被害拡大防ぐ

千曲川の支流・谷川が増水し、川沿いに並行する生活道路が約1キロにわたって崩れるなど大きな被害が出た、市から避難勧告や避難指示がない中で、多くの住民は早めに避難し危機を脱した。背景には独自の判断で住民の背中を押した区長の存在があった。

〜台風が最接近する前日の10月11日,気象庁が12日正午からの24時間雨量を関東甲信地方の多いところで300〜500ミリと予想し、厳重な警戒を呼びかけていた。消防団時代の1998年8月、入沢で三つの橋が流された豪雨が脳裏をよぎった。あの時の24時間雨量は約270ミリ。「これはえらいことになる」と直感した。(後略)

実際に佐久のアメダスは、雨量311ミリを記録しました。

改めて、臼田地区のハザードマップを見ました。

f:id:yatsugatake:20191108091609j:plain

画面の右下部分・谷川(やがわ)の流域には、決壊等の危険区域が、はっきりと表示されています。

夕方まで晴れて夕焼け、東の空には「十二日」のお月さま輝いていました。

ところが、暗くなった頃には雲が広がり、「濃霧注意報」が出ました。

お月さまは、雲間に雲を透かして見えるだけ…。

f:id:yatsugatake:20191108181541j:plain

アメダス、最高気温は11.9度(13:40)、午後は寒くなりました。

 

「佐久の季節便り」、午前中は「小春日和、午後は一転して強風が…・

薄雲が広がって、昨朝よりやや冷え込みが緩みました。

アメダス、最低気温は氷点下0.1度(5:57)、三日連続の氷点下、日中は気温が上がる予報です。

風がないので、「小春日和」が期待されます。

水洗いした「落花生」を日に当てて、乾かします。

f:id:yatsugatake:20191106150301j:plain

市民交流ひろば運営委員会・「さくのわ花物語」に出席しました。

先月・10月のFm放送資料を配り、説明しました。

「賢治ガーデン」にもあるノブドウ(野葡萄)」・別名:「うまぶどう」の実の焼酎漬けが、肝臓に効く…。

『現代農業7月号』にも特集があります。

虫こぶ状態になる前の青い果実の方が、効き目があるそうです。」と、新しい情報を得ました。

なるほど、有効成分が変化してしまうのかも知れませんね。

午前中は、風も無く穏やかな天気、これは「小春日和」と言えますね。

しかし、午後になると、にわかに風が吹き始めました。

南東の風から西風に…天気が変わる兆しです。

気温は下がることなく、むしろ上がるようなので、水やりの道具を片付けました。

長いホースは、水を抜きながらの大変な仕事です。

f:id:yatsugatake:20191107123911j:plain

f:id:yatsugatake:20191107132102j:plain

「水中ポンプ」ですが、上半期からの渇水が元に戻らず、十分活用できませんでした。

下半期には雨量が多く、地下水が十分溜まったはずですね。

予約で「インフルエンザ予防接種」を済ませました。

5ヶ月間は有効なので、毎年11月になったら受けることにしています。

その後、野良回り、夏野菜の片付けを始めました。

「白菜」1,個を野良土産に腰を上げました。

北八ヶ岳の空に夕焼け雲が広がりました。

畑のマルチシートに夕やけが映っています。

f:id:yatsugatake:20191107165218j:plain

アメダス最高気温は19.9度(14:23)、しのぎやすい一日でした。

夜になって雲が厚くなり、十一日のお月さまはぼんやり見えるだけ…。

明朝は、冷え込みが緩む予報です。

 

 

 

「佐久の季節便り」、「十日夜(とおかんや)」には、「案山子揚げ(かかしあげ)」…。

浅間連峰」は黒雲覆われて、冬型のお天気か…。

裏のグランドは、強い霜で真っ白に、今朝も冷え込みました。

f:id:yatsugatake:20191105065004j:plain

7時過ぎには、屋根の霜が日差しで融け、雨のように樋を流れる音がします。

アメダス、最低気温は、氷点下1.9度(6:27) 、日中は気温が上がる予報です。

昨日に届けられた、岩村田小学校の学校だより・「心に太陽を」を開くと、一面トップは「台風の被害を乗り越えて」、本校の体育館が避難所として利用され、上の城区の皆さん、消防団員などが、設営や受付をされたことなどが書かれています。

次に、「各学年の学びの姿」が、写真入りで紹介されています。

f:id:yatsugatake:20191106093628j:plain

1年生が育て収穫した「ジャガイモ」をいただきながら、6年生を招待しての「お楽しみ会」…。

2年生は、佐久平総合技術高校の生徒さんと一緒に育てた「大豆」、実際に収穫体験…。

どちらも、総合的学習・「楓の時間」の学習、体を通して学ぶ楽しさですね。

我が家でも、秋の収穫が続いています。

先日はサトイモ(里芋)」を収穫し、小さな芋は「衣被(きぬかつぎ)」でいただきました。

完熟間近の「丹波の黒豆」は、時間を掛けて茹で、本来の枝豆とは一味違った、香ばしい味を楽しみました。

f:id:yatsugatake:20191104174630j:plain

さて、今日は旧暦・十月十日は「十日夜(とおかんや)」です。

近年は、ほとんど行われませんが、秋の収穫を祝う農村の年中行事だったのです。

子どもの頃には、「藁鉄砲」を手作りして、地面を打ち鳴らしたものです。

「とおかんや、とおかんや、とおかんやの藁鉄砲、夕飯(ゆうめし)食ってぶっ叩け…」

モグラよけや、畦固めの意味とか…。

佐久地方には、同じ夜に「案山子揚げ」という行事をする農家もあります。

電子辞書から、一部を引用します。

〜西日本の」亥の子の行事に相当します。〜またこの日、田の神が山へ帰るとして、餅をついて祀る地方もある。

〜長野県の一部ではカカシアゲといって、田から案山子を外して家に持ち帰ってまつる習俗がある。

八月の「十五夜」、九月の「十三夜」、と、この十月十日夜の月を、三見月といい、晴れ曇によって翌年の豊凶を占う例もある。

今夜・十日夜はよく晴れて、丸みを帯び始めた「お月さま」を拝むことができました。

f:id:yatsugatake:20191106172048j:plain

アメダス、最高気温は16.5度(14:13)、秋晴れの爽やかな一日でした。

明日、風が弱ければ、「小春日和」が期待されます。