「佐久の季節便り」、「賢治のバラ」・「グルス・アン・テプリッツ」咲き始め…。

久しぶりに、朝から明るい日差しが…。

ラジオの気象予報士が、「先週は、不順な天気が続いたが、土曜日あたりから気温も上がってきた。熱中症に注意を…」と、告げました。

また、「昨夕は、月・水・金が集まった。」と付け加えました。

つまり、昨夕は、西空が良く晴れて、月と惑星の水星・金星が同時に観られたということです。

佐久地方では、残念ながら黒い雲に覆われてしまいました。

アメダス、最低気温は11.5度(5:13)、「日中晴れるが、夕方には所によってにわか雨…」の予報です。

庭先のモッコウバラ(木香薔薇)」、今年は珍しく「白花」が咲きました。

f:id:yatsugatake:20200524175742j:plain

午前中は、「裏道わき花壇」に「ダリア」と「カンナ」の植え床を整備しました。

穴を掘って、牛糞堆肥などを入れました。

午後は、「賢治ガーデン」に「ダリア」と「カンナ」の植え床整備…。

そして、木陰に置く「丸いす」作りのために、二人がかりで丸太運び…。

軽トラの荷台に7本…、積載重量ギリギリ…、そろりそろし…運転してきました。

「賢治ガーデン」の浜道を一輪車で、運びました。

千木なる作業の段取りは、皮剥ぎ、防腐剤、人工芝張り…。

今日は危険な重労働…、疲れたので終わりです。

「俯く賢治」のわきでは、「賢治の好んだバラ」・「グルス・アン・テプリッツが咲き始めました。

f:id:yatsugatake:20200525153029j:plain

「ラミウム」の黄花品酒が、植えれれていました。

初めて目にする、珍しいものです。

f:id:yatsugatake:20200525153103j:plain

Fm放送予定を話したら、早速に用意してくれたのです。

28日(木)の放送で、皆さんに宣伝します。

夜のテレビでは、緊急事態の解除が全国に…、放映されました。

f:id:yatsugatake:20200525192709j:plain

先ずは、先の見通しが立ってよかったです。

でも、油断は禁物です。「三密」を避けて「新たな日常」を心がけていきましょう。

読売新聞・編集手帳 引用します。

感染症と奮闘する、政府の専門家会議副座長、尾見茂さんの発言を紹介させていただく。「皆が病院に行けば、病院が最大の感染場所になる。人の動きを制限し、自宅待機や学校閉鎖を我慢してもらえるよう政治家が訴えてほしい」◆新型コロナウイルスの流行を経験した馬読めば、「何を今更」」と思うかたもいるだろうが、2008年2月、感染症対策について国会議員に講演した際の訴えだ。当時の読売新聞にある。◆外出自粛や休業要請が長引き、不満を持つ人は多い。専門家からすれば、長年、対策への理解を求める努力の重要性を訴えてきたのに、政治はその責任を果たしてきたか、と問いたくなるのではないか◆先日の国会審議で、野党の幹部が、参考人として出席した尾見さんを激しく攻め立てた。感染収束に向け、与党も野党も知恵を絞るべきだろう。◆著書「WHOをゆく」で、尾見さんは「治療薬やワクチンがなければ、19世紀的古典的手法に頼らざるをえない」と説く。古典的手法とは、感染者の隔離と接触者の追跡だという。日本の対策は正しいのかどうか、答えが出るのは当分先かもしれない。

 

夜になって、にわか雨が…、10ミリ近く降りよいお湿りでした。

アメダス、最高気温は26.5度(18:05)でした。

 

「佐久の季節便り」、「梅の実」が豊作、「花梨(かりん)」の実が初生り…。

6時14分、日曜の朝は「落合恵子の絵本の時間」、再放送の内容でした。

「濃霧注意報」、雲が多く風があり、お天気は安定しません。

アメダス、最低気温は13.5度(4:54)、日中は晴れる予報です。

庭先の草木は、早くも夏のモード…「アヤメ(文目)」が花開きました。

花弁(花びら)というよりは、「内花被」・「外花被」の言葉がぴったり…。

梅雨どきを前にして、降雨対策もバッチリ… 、見事な花のつくりです。

f:id:yatsugatake:20200524131436j:plain

本日付け読売新聞、日曜版のコラム・「はな図鑑」若葉みずみずしく 一部引用します。

 日々強くなる日差しの中で、青葉が輝く季節になりました。

 選んだのはカエデです。カエルの手に似ていることから名付けられました。秋を連想する方も多いと思いますが、夏の季語に「若楓(わかかえで)」とあるように、初夏の姿もまた素晴らしいものです。(以下略)

岩村田小学校のシンボルツリーは、「イロハカエデ」の老木です。

何度かの移植に耐えて、今は、正門わきで若葉に萌えています。 

我が家には、7〜8種ありますが、「エンコウカエデ(猿猴楓)」の若葉です。

f:id:yatsugatake:20200524175511j:plain

「梅の実」胴吹きの枝にも実が着いて、今年は豊作のようです。

f:id:yatsugatake:20200524175334j:plain

それから、「花梨(かりん)」の若木にも、今年初めて実が着きました。

西日を浴びて、3センチほどの茶色の実に生長しています。

黄色に完熟する日が楽しみです。

f:id:yatsugatake:20200524175139j:plain

今日は「閏四月二日」、「二日月」が観られそうです。

月齢1.4、日の入時刻18:55(長野)、月の入時刻20:21(長野)、時間差が1時間26分…。

チャンスは19:30ころ、出てみると残念ながら、西空には黒い雲が…。

しばらく、雲の切れ目を期待して待ちましたが、諦めました。

アメダス、最高気温は22.2度'13:55)、最大風速は、東の風5.0メートル(10:10)でした。

 

「佐久の季節便り」、「閏四月朔日)」、<月>の会は「三密」避けて…。

雲が多く東風が吹く、不順な天気が続きます。

関東から東北方面で、換気の流入による天候不順のようです。

アメダス、最低気温は9.9度(5:09)、日中は気温が上がるでしょうか…。

白い花の「リュウキュウツツジ琉球躑躅)」の季節になりました。

子どものころは、「白い花は、食べられないつつじ…」という認識でした。

花は大振りで、「基の部分がネバネバする手触り…」懐かしい思い出です。

f:id:yatsugatake:20200521085337j:plain

「スミレ(菫)」が、早くも結実期に入りました。

種子が完熟したら、採り撒きして、来春の発芽を期待します。

f:id:yatsugatake:20200520082748j:plain

午後は、二月(ふたつき)間を空けて、「朔日・新月の日」の再開です。

感染拡大防止のために、「三密」を避けて、飲食抜きです。

いつものように、二十四節気七十二侯に関わる、気付きについての情報交換…。

昨日、土手草刈りで採集した、「イタドリ(虎杖)」を持参して話題にしました。

「すかんぽの咲くころ」の歌を、それぞれが自分の「スマホ」で聴きました。

歌も、初めて知り、初めて聴くという人ばかりで、世代の違いを実感しました。

「ジャワ更紗」についても、ちんぷんかんぷん…。

f:id:yatsugatake:20200522185211j:plain

スマホ」は便利ですが、自然の中で実物に触れ合うことこそが大切ですね。

北原白秋作詞、山田耕筰作曲は、簡単な童謠ですが、さすがに素晴らしい歌曲と言えますね。

帰宅後、野良回り…、耕作委託の我が家の田んぼは、田植えが済んでいました。

「ハス田」は、「ハスの葉」が水面に顔を出し、「デンジソウ(田字草)」も…。

雑草に、水面を覆い尽くされないうちに、取り除く必要があります。

f:id:yatsugatake:20200522180935j:plain

ところで、今日は旧暦・四月朔日(うるうしがつついたち)です。

「閏月(うるうづき)」の決め方について、調べてみました。

閏月についてはやや難しくなるのですが、単純に13月を設けて1ヶ月を過ごしていたのではありません。12月のの次に13月が存在すると、季節のズレが大きく出てしまうため、閏月は各月に散りばめられました。

〜節気と中気を繰り返して1年としていたのですが、中気、または節気を含まないときを閏月としていました。基もわかりやすく言えば、24節気を組み合わせていたのですが、「閏月」は来た時はその前月の月に「閏」を付けて呼んでいました。

「月と季節の暦」を。調べて観ると、今月・閏四月には、6月5日の芒種(ぼうしゅ)」がただ1回のみです。

「卯月(うづき)」が2回あるということは、「卯の花」が咲く期間が2倍に広がる…?何だか得をした気分ですね。

アメダス、最高気温は23.5度(14:09)、スッキリしないお天気でした。

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「土手のすかんぽジャワ更紗…」

久しぶりに、明るい朝日が差し込んでいます。

いわゆる「朝照っかり」にはならあにででほしいな…。

気象予報士は、「関東地方は、晴れていても次第に曇る…、」と、報じました。

アメダス、最低気温は9.3度(5;01)、朝のうちは涼しいようです。

「ドイツスズラン(鈴蘭)」が咲いて、清々しい感じです。

f:id:yatsugatake:20200521085803j:plain

火曜日は、「ひろば・賢治ガーデン」の作業日…。

「冬知らず・カレンジュラ」が、冬から春にかけて長い間、花壇を賑やかに飾ってくれました。

取り除いて、球根の冬越しに使っていた「穴」に放り込みました。

次には、刈払機で周囲の除草を済ませます。

そして、土を高く盛り上げて、「カンナ」と「ダリア」球根の植床にする計画です。

所望した、「ヒマラヤ雪の下」4株をいただいたので、「オモト(万年青)」の隣へ植え付けました。

午後は、岩村田城址に残る「土塁」に、説明板をつける打ち合わ会に参加しました。

岩村田小の皆さんに、そして訪れる皆さんに、岩村田城」・遺構について学んでほしいです。

さらには、岩村田城・藩」の歴史を学ぶ糧にしていただければ、観光のためにも役立つと思われます。

夕方には野良回り…、機械植えの威力で、「手植え」は半分以上が済みました。

土手草の仮払い作業を進めていると、「イタドリ(虎杖)」が目に入りました。

f:id:yatsugatake:20200522163746j:plain

子どもの頃に、口にした野山の食べ物です。

 

「すかんぽの咲くころ」の歌が、口をついて出ました。

作詞:北原白秋、作曲は、山田耕筰…。

さすが大御所たちの作品ですね、

 土手のすかんぽ ジャワさらさ

 昼はほたるが ねんねする

 僕ら小学 尋常科

 けさもかよって またもどる

 すかんぽ すかんぽ 川のふち

 夏が来た来た ドレミファソ

 

「ジャワ更紗」を電子辞書で調べ、「虎杖(いたどり)」との共通点を考えてみました。

確かに、更紗の模様が、虎杖の茎の表面の斑模様と雰囲気は似ていますね。

f:id:yatsugatake:20200522185211j:plain

 

f:id:yatsugatake:20200522185211j:plain

Youtubeの画像は、「酸模(すいば)」の花穂を、ジャワ更紗の模様に見立てているようですが…。

「すかんぽ」が、「虎杖(いたどり)」と「酸模(すいば)」の両方を意味するので、どちらも正解でしょうね

アメダス、最高気温は19.1度'(12:56)、にわか雨も無く、しのぎやすい一日でした。

「佐久の季節便り」、「ルナリア・合田草」が、冷たい東風に揺れ…。

どんより曇り空、佐久地方にはまたも「濃霧注意報」が…。

浅間連嶺峰、上半分には白い雲がかかっています。

アメダス、最低気温は8.5度(3:07) 、東からの冷たい風が吹き込む…。

このタイプの風が、夏の時期、東北地方に吹くと「冷害」をもたらします。

「やませ」と呼ばれ、恐れられました。

「ルナリア・合田草」が、結実を始めました。

「ルナリア」の名は、古代ローマ月の女神・「ルナ」に由来します。

円形の果実が、円い月を連想させるからでしょうか…。

「コイン」に見たてて、「コインプラントの名も…。

「合田草」は、日本に導入した人物・合田さんが由来です。

志賀勝:『月と季節の暦』に、「月名(つきのな)植物」の一つとして紹介されています。

f:id:yatsugatake:20200521085634j:plain

今日は、旧暦四月二十九日、今月は明日が「晦(つごもり)」です。

不安定な天気が続いて、ここ十日間ほどお月さまには出会えていません。

昨日の読売新聞コラム・四季(長谷川櫂)を引用します。

卯の花の満たり月は廿日頃 月居(げっきょ)

 二十日の月といえば、更け待ちの月。月の出を待ちあぐねたころ、夜十時ころに現れる。あたりに白い卯の花が咲き乱れているのだろう。月居は蕪村の門弟。鎌倉、極楽寺坂の卯の花はもう散り果てたろうか。

午後、「ひろば・賢治ガーデン」へ…「卯の花」・「ウツギ(空木)」の様子は?。ヒメウツギ(姫空木)」が開花し、「ウツギ(空木)」はまだ蕾でした。

f:id:yatsugatake:20200521160734j:plain

昨年「ウツギ(空木)」の開花は、6月に入ってから…、今年も同じ頃かな…。

休校中の小学生たちが、除草のお手伝いをしてくれました。

自ら進んでの積極的な仕事ぶり…、頼もしい限りで感心しました。

 

午後になっても、日差しは鳴く、冷たい東風が吹いています。

先日、移動図書館車・「草笛号」で借りた、南木佳士著の『山中静夫氏の尊厳死を読み始めました。

コロナ対応医療のご苦労と重なり、医療従事者の大変さを思い知らされました。

アメダス、最高気温は13.5度(9:23)、肌寒い一日でした。

 

 

 

 

 

 

「佐久の季節便り」、「小満(しょうまん)」、草木が生長し…。

「雷注意報」の夜半、予報通りの大雨に…。

激しい雨音で目覚めると、早朝の3時…、ラジオは歌番組…。

戦後間もなくの歌手・岡晴夫の懐かしい歌声に、つい聞き惚れました。

雨は朝には上がっていて、夏の日差しが降り注ぎました。

アメダス、最低気温は11.1度(5:24) 、雨量は10.5ミリ(24時〜3時)、連続の「お湿り」になりました。

気象予報士からは、早くも「走り梅雨」の声が聞かれました。

季節は、二十四節気小満」らしい陽気にです。

庭先に撒いた緑のカーテン」用の「ミニ白ゴーヤ」、芽生えが一気に本葉を広げてきました。

f:id:yatsugatake:20200520075230j:plain

今年も、観賞・日除け・食材…と、「一石三鳥」の働きをしてくれそうです。

早朝、爽やかな花の香りは、なかなかのものですよ。

ポット苗も市販されているので、どうかお試しください。

5・18夕刊「よみうり寸評」を一部引用します。

子供には園芸を経験させる必要がある。フランスのグールモンという哲人には、そんな信念があったらしい。◆なぜか。美しい花や甘美な果実は、才知より、手入れと勤労と堅忍と絶え間ない注意によって得られると悟るようになる…哲人の言葉を、私淑した堀口大学が随筆で紹介している。◆昨今では実感しづらい地道な努力と豊かな実りの因果関係に、老若の別なく気づく。巣ごもり生活がそのきっかけを作った可能性に目を向けたい。哲人の推す園芸にあり余る時間を費やす人がいる。丹精込めた世話の成果が各家庭のプランターに表れているだろう。家で運動を始めた人もいる。土曜の夕刊で筋トレを指南する谷本道哉・近大准教授の決めゼリフ「筋肉は裏切らない」はグールモンの言にも通じよう(以下略)

 

スプリング・エフェメラルの代表、カタクリ(片栗)」はと観ると、葉は枯れてお役御免、1本が結実完了近しです。

完熟・種子を観るのも楽しみ…、蟻さん、そろそろ出番ですよ。

f:id:yatsugatake:20200520083828j:plain

今月のFm放送は「踊り子草」の予定…、資料作りのために「花の様子」を撮影しました。

f:id:yatsugatake:20200520083243j:plain

◯踊り子草:花の形が、笠をかぶって扇子を持った踊り子に見立てたことから…の呼び名です。

◯唇形花(くちびるがたの花):筒状の花弁が上下に分かれ、唇のような形をした花。

 

夕方に野良回り、「ハス田」の溝掘り…。

「排水溝」・大土手に自然に生えてきた「桑(くわ)」の株切り作業…。

アメダス。最高気温は18.2度(11:05)、暑くも寒くもない陽気でした。

 

「佐久の季節便り」、ありがたい「お湿り」、予想外の27.5ミリ…。

就寝中、激しい雨音に驚かされました。

6時半、起き出して外を見ると、裏のグランドは一面の水たまり…。

昨日の、野菜苗植え付けは、大正解でした。

アメダス、最低気温は13.4度(4:27)、台風1号が変った温帯低気圧による雨だそうです。

午後は、北からの換気が流入して、大気の状態が不安定の予報です。

休校中の中2孫娘を預かりました。

大好きな「パプリカ」は、新バージョンが発表されました。

f:id:yatsugatake:20200519091034j:plain

雨はだんだん小降りになり、辺りからのどかなカッコウ(郭公)」の鳴き声が…。

野鳥の身からすれば、必死の鳴き声といった方が正しいでしょう。

セロ弾きのゴーシュ」の叙述からは、そのように読み取れます。

佐久市民新聞』のコラム・佐久地方の野鳥(佐久教育会動物委員長・中山厚志さん)

警戒強く近寄るのは困難 一部を引用します。

◯…佐久地方では街中でも山奥でも見かける野鳥だが、悪いことをするだけに周囲をよく観察してるらしく、ある程度近くに寄ることは大変難しい。

◯…いろいろなところへ撮影に行ったが、街中で電線に止まっている個体は特に警戒も強いので、こちらが見つけた時はおそらくもう気づいている。ある程度の範囲に近づくと逃げてしまう。(攻略)

我が家でも、近くの電線に止まって、鳴くことを何度か観ました。

「グジュグジュ…」 、「カッ カッ カッ カ カッコー…」

この鳴き声は、やはり、警戒しているんでしょうね。

お昼ごろには、薄日が差し始めました。

我が家の「石楠花」では、一番最後を飾る花…、屋久島石楠花」です。

小振りの初々しさが魅力です。

園芸品種用の親として、使われることが多いとか…。

f:id:yatsugatake:20200519123934j:plain

縁先で発芽した「アカザ」は、赤い茎が美しく観賞価値があり、軽くて丈夫な「杖」にもなるので育てます。

f:id:yatsugatake:20200519123755j:plain

午後は、大気おの状態が不安定で「雷注意報」が出ました。

強風が吹き荒れました。

夜になって、やかましいほどの「蛙」の鳴き声が…。

「どこで卵を産んで、おたまじゃくしは…?」と、孫娘が問題にしました。

そう言えば、「どうなんだろう?」知らないことだらけですね。

新たな感染者は、東京で5人、都市圏ではまだ安心できません。

 

アメダス、最高気温は21.9度(13:39)、最大風速は東の風4.2メートル(14:40)、

雨量は、トータル27.5ミリ(昨夜24時〜本日11時)、ありがたい、「お湿り」でした。